開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

サイボウズ、「kintone」の開発者向け無償ライセンスを提供開始

2014年4月10日(木)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

サイボウズは2014年4月10日、業務アプリケーションの開発プラットフォーム「kintone」の開発者向けコミュニティサイトを開設した。開発者同士の交流の場や技術情報などを提供する。コミュニティ参加者には、開発者向けの無償ライセンスも提供する。

写真:今回、開設した開発コミュニティ「cybozu.com developer network
写真:今回、開設した開発コミュニティサイト
「cybozu.com developer network

 サイト名は、「cybozu.com developer network」。2013年7月に開設した技術情報サイト「cybozu.com developers」を拡張した。これまでのAPIマニュアルやサンプルプログラムの提供に加えて、ユーザー同士でkintoneに関するノウハウを交換するスペースを提供する。

 コミュニティには、ユーザー、SIer問わず参加できる。メンバーには、開発者用の無償ライセンスを発行する。ユーザーアカウント2つと、管理者アカウント、ディスク容量4GBを1年間利用できる。

 4月13日には、kintoneの機能をアップデートする。HTMLやJavascriptを使って自由に情報を配置できる「カスタマイズビュー」を追加するほか、ユーザーが定義したCSSを使って、アプリの見た目を変更できるようにする。APIからアクセス可能な機能も増やす。

 コミュニティ拡充の背景には、技術者の不足がある。kintoneを基幹システムと接続したり、モバイルアプリと連携させたりするには、APIを使った開発作業が必要になる。kintoneを扱うSIerの数は不足しており、技術者の育成が急務となっている。

関連記事

サイボウズ、「kintone」の開発者向け無償ライセンスを提供開始サイボウズは2014年4月10日、業務アプリケーションの開発プラットフォーム「kintone」の開発者向けコミュニティサイトを開設した。開発者同士の交流の場や技術情報などを提供する。コミュニティ参加者には、開発者向けの無償ライセンスも提供する。

PAGE TOP