[新製品・サービス]

ディーバとテノン、SAP ERPとDivaSystemのデータ連携で協業

2014年4月10日(木)IT Leaders編集部

ディーバとテノン・システムコンサルティングは2014年4月9日、ディーバの連結会計ソフト「DivaSystem」と「SAP ERP」のデータ連携において協業することを発表した。DivaSystemからSAP ERPが保有する会計データを取得しやすくする。  

 これまでDivaSystemとSAP ERPを連携するには多くのアドオンが必要で、開発するのにコストや時間がかかっていた。データ連携できたとしても手入力による作業が残り、入力ミスによるデータの品質低下も招いていた。

そこで、テノン・システムコンサルティングが提供する、SAP ERPとの連携ミドルウェア「SDX」とDivaSystemの連携機能を強化した。SAP ERPが保有する制度会計や管理会計データを、DivaSystemに直接取り込めるようにした。

SDX導入に際し、新たなサーバーを準備する必要はなく、DivaSystemが稼動するサーバーに配備できる。複雑な初期設定作業も伴わないという。

データの自動連携により、手作業による入力ミスはなくなるほか、企業においては決算業務の早期化が見込める。

図:DivaSystemとSAP ERP、SDXのイメージ図(出典:ディーバ)

 

関連キーワード

協業・提携 / ERP

関連記事

ディーバとテノン、SAP ERPとDivaSystemのデータ連携で協業ディーバとテノン・システムコンサルティングは2014年4月9日、ディーバの連結会計ソフト「DivaSystem」と「SAP ERP」のデータ連携において協業することを発表した。DivaSystemからSAP ERPが保有する会計データを取得しやすくする。  

PAGE TOP