[事例ニュース]

ホンダ、大規模Webサイトの運営の効率化に向けワークフロー管理を徹底

2014年4月11日(金)IT Leaders編集部

本田技研工業は、Webコンテンツ管理システムを導入。大規模Webサイトを運営するためのワークフローを構築した。2014年4月10日、アドビ システムズが発表した。

本田技研工業は現在、日本や海外のコンシューマ向けWebサイト上において、数十万におよぶWebページを管理・公開している。こうした大規模Webサイトを円滑に運営するには、編集者や制作者といった関係者の間でのワークフロー整備が欠かせない。

そこで、コンテンツの作成の確認、承認、更新といった作業の流れを管理するシステムを構築した。Webコンテンツ管理ソフトを利用した新システムは、コンテンツ表現の統一やワンソースマルチユースの推進にも役立てる。

「Adobe Experience Manager」を採用。新日鉄住金ソリューションズがシステム導入を担当した。

プロジェクトの概要
ユーザー名 本田技研工業
業種 自動車製造
導入システム ワークフロー管理システム(対象はWebサイト)
導入目的 Webサイト運営の効率化
導入時期
主な利用製品 「Adobe Experience Manager」(アドビ システムズ)
関連記事

ホンダ、大規模Webサイトの運営の効率化に向けワークフロー管理を徹底本田技研工業は、Webコンテンツ管理システムを導入。大規模Webサイトを運営するためのワークフローを構築した。2014年4月10日、アドビ システムズが発表した。

PAGE TOP