[調査・レポート]

国内PaaS市場規模、2013年上半期は128億1800万円、IDC調べ

2014年4月14日(月)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

IDC Japanは2014年4月14日、国内PaaS(Platform as a Service)市場の調査結果を発表した。2013年上半期の国内PaaS市場規模は、前年同期比56.7%増の128億1800万円だった。

 IDCが定義する4つのセグメント別に見ると、DBaaS(Database as a Service)市場が55億4800万円、APaaS(Application Platform as a Service)市場が61億7000万円。両者がPaaS市場全体の90%以上を占める。「BPMaaS(Business Process Management as a Service)」「IPaaS(Integration Platform as a Service)」の市場規模はまだ小さい。

 2013年上半期におけるPaaS市場のベンダーシェアは、1位がセールスフォース・ドットコム、2位がアマゾンだった。セールスフォースはSaaS(Software as a Service)、アマゾンはIaaS(Infrastructure as a Service)で作り上げたユーザー基盤を活用して、PaaS市場でも優位なポジションを締めている。ただし、3位のマイクロソフト、4位のグーグルもサービスラインナップの拡充し、成長率を高めているという。

図:国内PaaS市場 セグメント別 売上額実績、2012年上半期~2013年上半期

 

関連記事

国内PaaS市場規模、2013年上半期は128億1800万円、IDC調べIDC Japanは2014年4月14日、国内PaaS(Platform as a Service)市場の調査結果を発表した。2013年上半期の国内PaaS市場規模は、前年同期比56.7%増の128億1800万円だった。

PAGE TOP