[“聴き手の心を動かす”プレゼンテーション]

【第2回】21のポイント<企画・制作編>
その1~「なぜから始める」

2014年4月17日(木)永井 一美(オレンジコミュニケーション・サポート)

今回から、プレゼンテーション21のポイントの具体論に入る。まずは「企画・制作編」として、最初の3つのポイントを解説しよう。企画はアナログの世界であり、知的な創造である。

 前回は「何をプレゼンテーションと呼ぶか」について共有した。今回から、本題である「プレゼンテーション 21のポイント」を順次解説していく

 古代ギリシャの哲学者アリストテレスは、「弁論術」の中で「言論を通して我々の手で得られる説得には3つの種類がある」として、ethos(エトスもしくはエートス)、pathos(パトス)、logos(ロゴス)を挙げている。(※注1)

  • エトス…語り手の人柄(信頼性、親和性)
  • パトス…聴き手の心が或る状態に置かれることによるもの(感情)
  • ロゴス…言論そのもの(論理性、納得性)

 実質、3つは相互に作用する。説得の要素としてこの3つが必要である。

図1 アリストテレスの教え

 内容に論理性があっても、信頼が置けない語り手の話を人が聞くことはない。「プレゼンテーション」においては、“誰が言うか” “どう言うか” “何を言うか”だ。ただし、「説得」を「共感」に読み替えたい。「説得」は“上から目線”だが、「共感」は一時的ではなく人と人との関係性であり、永続性を持っている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】「なぜから始める」「聴き手が主役」
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
“聴き手の心を動かす”プレゼンテーション一覧へ
関連記事

【第2回】21のポイントその1~「なぜから始める」今回から、プレゼンテーション21のポイントの具体論に入る。まずは「企画・制作編」として、最初の3つのポイントを解説しよう。企画はアナログの世界であり、知的な創造である。

PAGE TOP