[仮想デスクトップ(VDI)再入門]

PCをVDIに置き換えると使い勝手や運用はどう変わる?

2014年4月18日(金)清水 健雄(ネットワンシステムズ)

前回まで、シンクライアントやVDIの概要やメリットを説明しました。ところで、「VDIを導入すると運用はどう変わるのか」「ユーザーにはどんな影響があるのか」といったポイントが気になっている読者も多いのでは。今回は、システム管理者とユーザーの視点で、PCをVDIに置き換えた際の変化を解説します。

システム管理者の変化(メリット)

 VDIを導入すると、日ごろの運用はどう変わるのでしょうか。ユーザーにはどんな影響があるのか気になっている読者もいるでしょう。まずは、システム管理者の視点でVDI導入のインパクトを見てみましょう。

PCのセットアップ作業を軽減できる

 VDIを導入すると、PCの配布作業が楽になります。物理PCの場合、従業員の手元に届けるまでに、管理者がさまざまな作業をこなす必要がありました。例えば、ハードウェアの調達、OSのマスターイメージの展開、ネットワークの接続設定、パッチの適用といったものです。従業員が利用開始するまで、1カ月程度かかるのは普通でした。

 VDIの場合、新しいデスクトップを用意するのは簡単です。新しい仮想マシンを立ち上げるだけです。ハードウェアを調達する必要はありません。設定作業もほとんど必要ありません。第3回で説明した通り、OSやアプリケーションをインストールし、各種設定をすませたマスターイメージを作成するのが一般的だからです。

 PCと違って、社員数が増えた場合でも、Active Directory内の人数が増えるだけ。管理者の負荷はほとんど変わりません。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
仮想デスクトップ(VDI)再入門一覧へ
関連記事

PCをVDIに置き換えると使い勝手や運用はどう変わる?前回まで、シンクライアントやVDIの概要やメリットを説明しました。ところで、「VDIを導入すると運用はどう変わるのか」「ユーザーにはどんな影響があるのか」といったポイントが気になっている読者も多いのでは。今回は、システム管理者とユーザーの視点で、PCをVDIに置き換えた際の変化を解説します。

PAGE TOP