[イベントレポート]

次世代クラウドは「プログラマブルIT」に【Red Hat Summit2014=前編】

2014年4月21日(月)田口 潤(IT Leaders編集部)

クラウドコンピューティングは今後、どんな方向に進化するのか?それを知る格好の場となったのが、米レッドハットが2014年14日~17日(現地時間)に開催した年次カンファレンス「Red Hat Summit2014」だ。得られた答はズバリ「プログラマブルIT」。ITインフラだけでなく、アプリケーションも仮想化によってポータビリティを高め、自在に組み合わせて利用できるようにするという。では一体、どうやって?Red Hat Summit2014から、前後編に分けて報告する。

 今日、先端的なソフトウェアの大半がOSS(Open Source Software:オープンソース・ソフトウェア)として生まれていることは、周知の事実である。ベンダー自身が開発投資をする商用ソフトウェアの場合、開発を決定するには利益を得られる根拠が必要になる。誰に売れるのか、本当に売れるのかが必ずしも明確ではない、先端的でユニークなソフトウェアが生まれにくいゆえんだ。

 OSSはそうではない。斬新なソフトウェアを作った開発者は名前を売れるし、それは自分の次の仕事に結びつく。機能に不足があっても、別の開発者が手を入れてくれる可能性もある。そのソフトウェアが注目を浴びれば、手伝った別の開発者も名を売れるからだ。いわゆる「貢献の競争」(LPI-Japanの成井弦 理事長)である。だからこそ先進的でユニークなソフトが生まれる――。

 4月14日~17日に米国サンフランシスコで開催された「Red Hat Summit2014」は、そうした新しいものを生み出すOSSのパワーを如実に示した(写真1)。主催者である米レッドハットは自らを「カタリスト(触媒)」(Jim Whitehurst CEO)と呼び、開発者コミュニティ、ユーザー企業、コンピュータメーカーなどから構成されるエコシステム(生態系)を形成。次世代のソフトウェアを開発する方向へと成長しているのだ。

写真1:基調講演の会場。来場者は延べ5000人。全体に年齢層は高めだった

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

次世代クラウドは「プログラマブルIT」に【Red Hat Summit2014=前編】クラウドコンピューティングは今後、どんな方向に進化するのか?それを知る格好の場となったのが、米レッドハットが2014年14日~17日(現地時間)に開催した年次カンファレンス「Red Hat Summit2014」だ。得られた答はズバリ「プログラマブルIT」。ITインフラだけでなく、アプリケーションも仮想化によってポータビリティを高め、自在に組み合わせて利用できるようにするという。では一体、どうやって?Red Hat Summit2014から、前後編に分けて報告する。

PAGE TOP