[調査・レポート]

パブリッククラウド、2013年国内市場規模は1302億円、IDC調査

2014年4月21日(月)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

IDC Japanは2014年4月21日、パブリッククラウドサービス市場予測を発表した。2013年の国内市場規模は前年比37.4%増の1302億円だった。

図:国内パブリッククラウドサービス市場
グメント別 売上額予測、2013年~2018年

 IDCの予測によれば、国内パブリッククラウドサービス市場は今後も堅調に拡大。2018年には3850億円になる。これは、2013年の3倍に当たる市場規模だ。

 成長の要因は、企業ITでの本格的な普及が始まったため。従来、パブリッククラウドの用途は、コンシューマ向けWebアプリケーションのホスティングや、新規システムの導入などが主だった。

 しかし、今年は、企業がシステムを導入する際に、クラウドを第一の選択肢として検討するケースが増えてきた。こうした動きが今後も加速する。レポートでは、2013年を「クラウドファースト元年」と位置付ける。

 パブリッククラウドの浸透に合わせて、いくつかの市場変化が起こる。まず、緩やかに棲み分けてきた従来型のIT製品/サービスの競合が始まる。また、複数のクラウドを連携、管理するハイブリッドクラウドの普及が本格化する。

 さらに、多様な顧客の要望に応えるために、サービスの多様化/細分化が進む。SaaS市場では、産業特化型アプリケーションが登場するなど、萌芽は見られる。レポートは、クラウド事業者は、収益の見直しが必要になると指摘している。

関連記事

パブリッククラウド、2013年国内市場規模は1302億円、IDC調査IDC Japanは2014年4月21日、パブリッククラウドサービス市場予測を発表した。2013年の国内市場規模は前年比37.4%増の1302億円だった。

PAGE TOP