[市場動向]

成長続けるERPベンダーは3年先が見えている!?

2014年4月21日(月)折川 忠弘(IT Leaders編集部)

クラウドやモバイル、ビッグデータといったテクノロジーが企業情報システムに大きな影響を与える中、かつて大きな注目を集めた「ERP(Enterprise Resource Planning)」への関心は薄れているようだ。だが、独SAPや米オラクルは今も成長を続けている。ERPベンダーは常に、企業情報システムの“あるべき姿”を描いているのではないだろうか。

 企業の経営資源である「人・モノ・金」を一元管理し、最適に配置・活用することで利益率の最大化を図る――。こんなコンセプトをもって登場したERP(Enterprise Resource Planning)パッケージ。1990年代には日本市場でも、そのコンセプトを学び、従来の個別開発システムからの移行が大きく取り沙汰された。

 会計機能を中心に導入されたERPパッケージは今や、企業の中核に位置し、安定稼動を前提とした“成熟したシステム”のイメージが定着しつつある。今以上の機能拡張や追加投資は不要と考える企業は少なくない。ERPベンダーを代表する独SAP自身が、「SAP ERP 6.0」以降のメジャー・バージョンアップを止めると2007年に発表。「EhP(エンハンスメントパッケージ)」による機能拡張に留めている。

 並行して、ERPパッケージへの関心は薄れ、同時に「人・モノ・金」の最大活用についても、ERPとは異なる場所で議論されることが増えているようだ。「ポストERP」の登場を望む声も少なからず聞こえてくる。

伸び続けるERPベンダーの株価

 であれば、ERPベンダーは最早、さらなる成長が見込めず、市場における評価が下がっていくはずだ。実際はどうなのだろう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

成長続けるERPベンダーは3年先が見えている!?クラウドやモバイル、ビッグデータといったテクノロジーが企業情報システムに大きな影響を与える中、かつて大きな注目を集めた「ERP(Enterprise Resource Planning)」への関心は薄れているようだ。だが、独SAPや米オラクルは今も成長を続けている。ERPベンダーは常に、企業情報システムの“あるべき姿”を描いているのではないだろうか。

PAGE TOP