[市場動向]

独SAPが描く将来像、HANAを統一プラットフォームに

2014年4月22日(火)折川 忠弘(IT Leaders編集部)

ERP業界を代表する独SAP。インメモリー・データベースの「SAP HANA」(以下、HANA)を発表して以来、種々のテクノロジーを矢継ぎ早に投入している。独SAPはどんなERP像を描こうとしているのか。同社のM&A(企業の統合・買収)の経緯を追うとともに、既存ユーザーが抱くであろう7つの疑問点に対するSAPからの回答を紹介する。

 独SAPが2009年1月から2014年3月までの約5年間に実施したM&A(企業の統合・買収)件数は12件あった(次ページの表1)。買収案件を概観すると、2009年ごろは環境関連技術が中心だったが、その後はクラウドとモバイルの両分野におけるテクノロジーの獲得が中心であることが分かる。

 これらのM&A案件の中で、SAPが近年の事業計画を語る際に、頻繁に強調しているのが、クラウドサービス事業者である米SuccessFactorsと米Aribaの両サービスと、データベースベンダーSybaseが持つモバイルデータベースである。

【SuccessFactors】

  人材活用に主眼を置くタレントマネジメントに必要な機能をクラウドサービスとして提供する。具体的には、採用業務を支援する「Recruiting」、従業員が受講する教育プログラムを管理する「Learning」、収益を勘案しながら従業員の配置計画を立案する「Workforce Planning」などがある。コラボレーションツールの「Jam」も提供し、同ツールを使って従業員間で人材を探し出したり、相互を評価したりといったことが可能になる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
関連記事

独SAPが描く将来像、HANAを統一プラットフォームにERP業界を代表する独SAP。インメモリー・データベースの「SAP HANA」(以下、HANA)を発表して以来、種々のテクノロジーを矢継ぎ早に投入している。独SAPはどんなERP像を描こうとしているのか。同社のM&A(企業の統合・買収)の経緯を追うとともに、既存ユーザーが抱くであろう7つの疑問点に対するSAPからの回答を紹介する。

PAGE TOP