コラボレーション コラボレーション記事一覧へ

[事例ニュース]

ニッセン、メール配信システムをクラウドに移行

2014年4月22日(火)IT Leaders編集部

ニッセンはメール配信システム「WEBCAS e-mail」を導入した。システムを提供するエイジアが2014年4月22日、発表した。

 1000万人を超える会員にメルマガを配信しているが、昨今の会員数増加に伴い、サーバーなどの維持費や管理負荷の増加、配信作業の煩雑化などが問題となっていた。

 そこでメール配信に関わる運用コストや作業の手間を下げるため、メール配信システムをクラウドに移行することにした。

 クラウドであっても自社の要件に応じて機能を拡張できるか、ユーザーの属性や行動履歴などを分析/活用することを想定し、外部システムと容易に連携できるかなどの条件をもとに選定した。その結果、エイジアのSaaS型メール配信システム「WEBCAS e-mail」を採用した。

 WEBCAS e-mailへ移行したことで、システムの管理負荷は軽減。エラーメールを処理する煩雑な作業もなくなった。メールの配信速度は従来システムと比べて約3倍に向上し、スマートフォンや携帯電話に毎時100万通のメールを配信できるという。

プロジェクトの概要
ユーザー名  ニッセン
業種 インターネット/カタログ通販事業
導入システム メール配信システム
導入目的 サーバーの管理負荷削減、配信作業の簡素化
導入時期
主な利用製品 「WEBCAS e-mail」(エイジア)

 

関連記事

ニッセン、メール配信システムをクラウドに移行ニッセンはメール配信システム「WEBCAS e-mail」を導入した。システムを提供するエイジアが2014年4月22日、発表した。

PAGE TOP