[事例ニュース]

日本全薬工業、CRMを活用して販売力を向上へ

2014年4月22日(火)IT Leaders編集部

動物用医薬品の国内最大手である日本全薬工業は、CRMシステムを新たに導入した。2014年4月22日、米Veeva Systemsの日本法人であるVeeva Japanが発表した。

同社は動物用医薬品を研究・製造し、畜産関係団体や動物病院といった顧客に対して、卸業者を介さず販売している。こうした直販体制をさらに強化することを目指し、新システムを導入した。

新システムにおいては、顧客ごとの受注や商談進捗、苦情対応状況といった情報を一元管理する。KPIを設定して分析するためのレポーティング機能も備える。これらにより、顧客対応業務を大幅に効率化できる見込みだ。さらに、収集・蓄積する顧客情報を、意思決定のスピードアップや経営品質の向上につなげていく。

米Veeva Systemsが提供する製薬業界向けのクラウドサービスを利用している。

プロジェクトの概要
ユーザー名 日本全薬工業
業種 動物用医薬品の研究開発・製造・仕入れ・輸入・販売
導入システム CRMシステム
導入目的 営業活動の効率化、経営品質の向上
導入時期
主な利用製品 「Veeva CRM」(Veeva Systems)

 

関連キーワード

製薬

関連記事

日本全薬工業、CRMを活用して販売力を向上へ動物用医薬品の国内最大手である日本全薬工業は、CRMシステムを新たに導入した。2014年4月22日、米Veeva Systemsの日本法人であるVeeva Japanが発表した。

PAGE TOP