[市場動向]

現場指向の業種・業務特化で「2Tier」市場を攻める

2014年4月24日(木)折川 忠弘(IT Leaders編集部)

独SAPや米オラクルといった大手ERPベンダーが、積極的なM&A戦略でクラウドサービスの拡充を図る中、両社に続く中堅ERPベンダーは、どんな策を講じているのか。ここでは、米インフォア、米マイクロソフト、米ネットスイート、スウェーデンのIFSの4社のM&A戦略を追う。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
関連記事

現場指向の業種・業務特化で「2Tier」市場を攻める独SAPや米オラクルといった大手ERPベンダーが、積極的なM&A戦略でクラウドサービスの拡充を図る中、両社に続く中堅ERPベンダーは、どんな策を講じているのか。ここでは、米インフォア、米マイクロソフト、米ネットスイート、スウェーデンのIFSの4社のM&A戦略を追う。

PAGE TOP