[インタビュー]

Open APIで企業がクラウドプロバイダーになる?

2014年5月1日(木)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

APIは、Webサービスやパッケージソフトでは、今や当たり前ともいえる存在だ。あるシステムに、他のシステムが処理を依頼したり、データを取得したりする際のインタフェースである。このAPIを業務システムにも実装しようとする企業が増えているという。APIを用意することで、システム連携やモバイル対応を容易にするほか、外部への公開で新たな収益を獲得するチャンスも得られる。関連製品を提供する米TIBCO SoftwareのThomas Been(トマス・ビーン)氏に聞いた。


写真:TIBCO Software
Sr SOA Product Marketing Manager
Thomas Been氏

―TIBCOでは、今、業務システムにAPIを実装するための製品をアピールしているという。企業ITと何らかの関係があるのか? Webサービス事業者や、ソフトウェアベンダーでもない限り、あまり縁がないようにも思えるが。

 確かに、これまではグーグルやフェイスブックといった、Webサービス事業者が自社のサービスを利用するためのインタフェースとしてAPIを提供してきた。RESTなどの標準的なインタフェースを使って、外部からシステムにアクセスさせる。我々は「Open API」と呼んでいる。ここ最近、業務システムにこのOpen APIを実装しようとする動きがあるのだ。

 実は、われわれは過去5年ほど、企業がAPIを提供するための製品を提供してきた。これまではあまりメジャーではなかったが、ここ1年ほどで急速に注目を集めるようになった。また、競合製品を提供するスタートアップが大手ベンダーに買収されはじめた。日本ではまだそれほど知られていないようだが、世界各地の企業から引き合いがある。米国だけのトレンドではない。

―企業が、自社の業務システムのAPIを用意するメリットは何か?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】Open APIはSOAほど重くない、必要なのはビジネス感覚
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

Open APIで企業がクラウドプロバイダーになる?APIは、Webサービスやパッケージソフトでは、今や当たり前ともいえる存在だ。あるシステムに、他のシステムが処理を依頼したり、データを取得したりする際のインタフェースである。このAPIを業務システムにも実装しようとする企業が増えているという。APIを用意することで、システム連携やモバイル対応を容易にするほか、外部への公開で新たな収益を獲得するチャンスも得られる。関連製品を提供する米TIBCO SoftwareのThomas Been(トマス・ビーン)氏に聞いた。

PAGE TOP