[市場動向]

ソニーがPC事業譲渡契約を完了、7月に「VAIO株式会社」として再出発へ

2014年5月2日(金)IT Leaders編集部

ソニーは2014年5月2日、売却を発表していたPC事業について、日本産業パートナーズ(JIP)が管理・運営を行う特別目的会社への譲渡に関する正式契約を締結したと発表した。7月1日に「VAIO株式会社」が発足し、再出発する予定。

 ソニーが同日に発行したプレスリリースによると、PC事業の売却は、売却先である特別目的会社(以下、新会社)にソニーがVAIOブランドを付して日本国内のPC事業および関連資産の一部などを承継させるかたちで行われる。

 ソニーと新会社は2014年7月1日を目途に今回の取引を完了することを目指す。なお、ソニーは、2014年2月6日に発表したとおり、現在、各国で販売中の2014年春モデルを最後にPC事業を収束するが、事業収束後も販売済み商品の顧客へのアフターサービスは継続する。

 新会社の名称は「VAIO株式会社」で本社は長野県安曇野市に置かれる。現時点での会社概要は以下のようになっている。

会社名:VAIO株式会社 (英語名: VAIO Corporation)
事業開始日:2014年7月1日を目処に事業開始予定
本社所在地:長野県安曇野市豊科5432
出資金:1,000百万円
出資比率:JIP 95%、ソニー 5%(取引完了時)
代表者:代表取締役社長 関取高行氏
事業内容:PCおよびPC関連製品の企画、設計、開発、製造および販売
従業員数:約240名

 

VAIO株式会社として再出発へ。新会社になってもVAIOブランドは維持される
関連キーワード

PC / ソニー / M&A

関連記事

ソニーがPC事業譲渡契約を完了、7月に「VAIO株式会社」として再出発へソニーは2014年5月2日、売却を発表していたPC事業について、日本産業パートナーズ(JIP)が管理・運営を行う特別目的会社への譲渡に関する正式契約を締結したと発表した。7月1日に「VAIO株式会社」が発足し、再出発する予定。

PAGE TOP