[シリコンバレー最前線]

市民発明家を育むオープン工作室、「Square」や「Oru Kayak」などが誕生

2014年5月14日(水)山谷 正己

次世代の産業革命を担う人々が通い詰めている場所として今、シリコンバレーで話題になっている場所がある。「TechShop」と呼ぶ、一般人のための工作・工芸室だ。SquareやVikiといった新サービスの創業者たちもTechShopに通い詰めていた。

 サンノゼ市にある「TechShop」は、床面積1600平方メートルの平屋建て。広い空間に、レーザー切断機や、3Dプリンタ、旋盤機、溶接機、ミシンといった各種工作機から、各種の針金や蝶番などの部品、プラスチック板や鋼板などあらゆる素材が配備されている(写真1)。

写真1:サンノゼ市になるTechShopの外観(左上)と受付(右上)。店内には多数の工作機械や素材が配置されている(下)
拡大画像表示

 月額125ドル(1年分前納の場合は1195ドル)を払って会員になれば、これらの設備を自由に使える。追加料金ではあるが、各種工作機やCADツールなどの使い方の訓練コースも受講できる。TechShopは、祭日以外の午前9時から深夜0時まで開いている。市民発明家は、アイディが湧いてくれば、ここへやって来て開発作業に打ち込める。

写真2:スマートフォンでの決済を可能にするSquare
拡大画像表示

 TechShopが注目されている要因の1つが、最近も話題の「Sqaure」などの創業者たちが、ここでプロトタイプなどを開発していたからである。Squareは、一般のスマートフォンに2センチ四方の正方形(square)の読み取り器を装着するだけでカード決済ができるサービス(写真2)。日本でも2013年から普及し始めている。この読み取り器がTechShop生まれというわけだ。

 元々はガラス細工アーティストだったジム・マッケルビー氏が、自身の作品を売る際に「簡単にカード決済がしたい」というニーズから開発したという。一般に商店などで使われているカード決済用の端末は、クレジットカード会社のセンターと電話回線で結んだり、操作が複雑だったりするほか、端末自体が高価である。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】全米8都市に展開される工芸教室
  • 1
  • 2
バックナンバー
シリコンバレー最前線一覧へ
関連記事

市民発明家を育むオープン工作室、「Square」や「Oru Kayak」などが誕生次世代の産業革命を担う人々が通い詰めている場所として今、シリコンバレーで話題になっている場所がある。「TechShop」と呼ぶ、一般人のための工作・工芸室だ。SquareやVikiといった新サービスの創業者たちもTechShopに通い詰めていた。

PAGE TOP