[中国電脳事情]

【中国電脳事情セレクション】中国政府、IPv6への移行に本腰、ほか

2014年5月13日(火)足立 治男

中国メディア各社の報道から、IT関連の最新動向を紹介する「中国電脳事情」。1カ月間に報じられた主要なニュースから重要なものをピックアップしてお伝えする。

中国政府、IPv6への移行に本腰を入れる

─上海証券報(2014年4月18日)

 中国工業・情報化省の通信発展司(司は日本の局に相当)副司長の陳家春氏は、2014年4月17日に開催された「グローバルIPv6次世代インターネットサミット」コンファレンスの壇上で、「次世代インターネットモデル都市の建設を進め、4G LTEの成長を契機とし、IPv6の商用化を推進していく」と述べた。

 同氏によると、ユーザー側でのルーターなど機器の取り替えやサーバーのソフトウェア更新など、現状では対応にあたっての課題も多く残っており、IPv6への移行期間の長期化が懸念される。また、IPv6のビジネスモデルがまだ不明瞭であることが、関連企業の積極性な移行を阻害する要因となっているが、今後3年以内に200以上の都市で関連するインフラ整備を進めるとしている。

 チャイナテレコムのクラウドセンター主任で北京研究院ゼネラルエンジニアの趙慧玲氏は、「IPv4からIPv6への移行に必要なインフラ投資は少なくても200億元(約3266億6300万円)は必要になる」と見積もる。同社では、公式サイトやゲーム・音楽・動画分野のポータルサイトがIPv6への移行を完了させ、IPv6端末用のチップを10種類ほど開発して供給するなど、対応を進めている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】家電大手のTCL、82億円弱を投じてO2O体制を構築へ
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
中国電脳事情一覧へ
関連キーワード

中国 / アジア / Alibaba / China Telecom

関連記事

【中国電脳事情セレクション】中国政府、IPv6への移行に本腰、ほか中国メディア各社の報道から、IT関連の最新動向を紹介する「中国電脳事情」。1カ月間に報じられた主要なニュースから重要なものをピックアップしてお伝えする。

PAGE TOP