[“聴き手の心を動かす”プレゼンテーション]

【第3回】21のポイント<企画・制作編>
その2~「事実だけではダメ」

2014年5月13日(火)永井 一美(オレンジコミュニケーション・サポート)

プレゼンテーション21のポイントを解説する当連載コラム。前回に引き続き、「企画・制作編」の【Point04】~【Point09】を具体的に見ていこう。

 前回は「アリストテレスの教え」として「エトス」「パトス」「ロゴス」を説明した。紀元前のローマは、惜しみなく使える紙もボールペンもない時代。「弁論」が何より重要であった。

 現代はコンピュータ社会であり、情報化社会だ。しかし、生身のコミュニケーションは人の活動の基盤で、「心を動かしたい相手」は「感情を持つ人」である。このことは2000年前も現代も変わっていない。そして、学ぶべき力であることも変わりはない。

 では、「プレゼンテーション 21のポイント」を前回に続いて解説する。

「企画・制作編」(10のポイント)

 前回は、「なぜから始める」(Point01)、「聴き手が主役」(Point02)、「メインメッセージを頂点に」(Point03)を解説した。今回はPoint04から始める。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】「3点ルールを使う」「コントラストを描く」
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
“聴き手の心を動かす”プレゼンテーション一覧へ
関連記事

【第3回】21のポイントその2~「事実だけではダメ」プレゼンテーション21のポイントを解説する当連載コラム。前回に引き続き、「企画・制作編」の【Point04】~【Point09】を具体的に見ていこう。

PAGE TOP