[事例ニュース]

ミツウロコ、業務ごとに散在していた顧客情報を集約した新・基幹システムをグループに展開

2014年5月14日(水)IT Leaders編集部

ミツウロコは2013年7月、受発注や会計などの基幹系システムを刷新。検針や配送といった業務システムを統合し、顧客情報の一元管理を実現した。現在、グループ30社以上で利用している。日立ソリューションズが2014年5月14日に発表した。

LPガスの製造・販売を中核事業とする同社ではこれまで、検針や配送、保守といった業務ごとにシステムを構築していた。それぞれ個別に顧客情報を保持していたため、顧客別の受注や在庫状況を一気通貫に把握することが難しく、業務の煩雑化を招いていた。

新システムにおいては、受発注や会計といった基幹系システムと、各種業務システムを同一基盤上に統合。顧客管理マスターを一本化した。受注から配送、保守に至るまでの情報を一元管理するためである。顧客管理マスターを一本化した。情報分析システムやワークフローシステムとも連携させた。

新たな仕組みにより、顧客ごとのLPガスの在庫状況を詳細に把握できるようになった。同社はこうした情報を、ニーズを先取りした提案や、新規事業の創出などに生かす構えだ。グループ内の業務標準化にも役立てる。すでに、30社以上のグループ企業が新システムを利用開始している。

【プロジェクトの概要】
ユーザー名 ミツウロコ
業種 LPガスや石油製品の販売
導入システム 基幹系システムと業務システムの統合
導入目的 販売力の強化、新規事業創出
導入時期 2013年7月
主な利用製品 FutureStage 商社・卸向け販売管理システム」(日立ソリューションズ)

 

関連キーワード

ガス / 受発注 / 会計 / 日立ソリューションズ / FutureStage / 販売管理

関連記事

ミツウロコ、業務ごとに散在していた顧客情報を集約した新・基幹システムをグループに展開ミツウロコは2013年7月、受発注や会計などの基幹系システムを刷新。検針や配送といった業務システムを統合し、顧客情報の一元管理を実現した。現在、グループ30社以上で利用している。日立ソリューションズが2014年5月14日に発表した。

PAGE TOP