[調査・レポート]

国内ビッグデータソフトウェア市場規模、2012年は48億6900万円、IDC調べ

2014年5月15日(木)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

IDC Japanは2014年5月15日、国内ビッグデータソフトウェア市場の調査レポートを発表した。2012年の国内ビッグデータソフトウェア市場規模は、前年比23.6%増の48億6900万円だった。

国内ビッグデータソフトウェア市場 エンドユーザー売上額予測、2012年~2017年 国内ビッグデータソフトウェア市場 エンドユーザー売上額予測、2012年~2017年
拡大画像表示

 調査では、次のいずれかの条件を満たすデータをビッグデータと定義した。(1)100TB以上のデータを有していること、(2)音声や映像、金融取引情報、センサーなどのハイスピードストリーミングデータを利用していること、(3)年率60%以上の成長率で生成されるデータであること。データを解析する際、スケーラブルなインフラを使用することも条件とした。

 セグメント別に見ると、(1)データを収集、保存、通信する「Data Organization & Management」が17億5200万円、(2)収集したビッグデータを分析、解析する「Analytics & Discovery」が18億7900万円、(3)シナリオに基づいてデータを分析/解析したり、ルールベースでトランザクションを自動解析したりする「Decision Support & Automation Applications」が12億3800万円だった。

 2013年には、NEC、富士通、日立製作所などの国内大手ベンダーがビッグデータ関連の取り組みを強化。オラクル、IBM、マイクロソフトといったソフトウェアベンダーもインメモリーデータベースや、列指向データベース、垂直統合プラットフォームなど、ビッグデータと親和性の高い製品を市場投入している。一方、企業における活用事例も発表されるようになった。「売り手側中心のバズワード的な盛り上がり方から、実ビジネスで活用される段階に移行しつつある」としている。

関連記事

国内ビッグデータソフトウェア市場規模、2012年は48億6900万円、IDC調べIDC Japanは2014年5月15日、国内ビッグデータソフトウェア市場の調査レポートを発表した。2012年の国内ビッグデータソフトウェア市場規模は、前年比23.6%増の48億6900万円だった。

PAGE TOP