[仮想デスクトップ(VDI)再入門]

VDI導入、先輩企業が躓いた4つのポイント

2014年5月16日(金)渋屋 隆一(ネットワンシステムズ)

仮想デスクトップ(以下、VDI)のメリットをお伝えしてきました。今回は、実際にVDIを導入する際に気を付けたい4つのポイントを解説します。

 VDIには様々なメリットがあります。あれもこれもと効果を期待してしまいがちです。ただ、実際に導入を検討する際は、何を最優先するかを明確にしてください。導入時には、さまざまな判断を求められることがあります。

 例えば、モビリティを優先するか、セキュリティを優先するか。何を優先するかが決まっていないと、プロジェクトが迷走してしまいます。

図1: VDI導入によって得られる主な効果図1: VDI導入によって得られる主な効果
拡大画像表示

 「いつでもどこでも働けるようにする」のが目的なら、フリーアドレスを導入したり、テレワークの仕組みを導入したりする必要があるかもしれません。VDIの便利さを実感してもらい、新しい働き方を模索してもらう働きかけも必要でしょう。導入したのはいいけれど、PCの頃と全く同じ使い方をしている、というのではもったいない。

 「情報漏洩のリスクを減らす」のが目的なら、こうした作業は不要でしょう。むしろ、セキュリティ意識を高める教育が必要かもしれません。PCと比べればデータ漏洩のリスクを減らせるとはいえ、リスクがゼロになるわけではありません。例えば、画面を写真に撮ってしまえば、情報漏洩のリスクはあるわけです。情報セキュリティに対する考え方を教育する必要があります。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】経営層のコミットメントを取り付けるべし
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
仮想デスクトップ(VDI)再入門一覧へ
関連記事

VDI導入、先輩企業が躓いた4つのポイント仮想デスクトップ(以下、VDI)のメリットをお伝えしてきました。今回は、実際にVDIを導入する際に気を付けたい4つのポイントを解説します。

PAGE TOP