[CIOのための「IT未来予測」将来を見据え、目前のITを評価せよ]

【第7回】ビッグデータは既存社会をも変えていく

2014年5月19日(月)大和 敏彦(ITi代表取締役)

複数のデータセンター全体の仮想化が実現されれば、よりダイナミックにコンピュータ資源を利用できるインフラが整うことになる。その先に待っているのが、前回紹介したIoT(Internet of Things:モノのインターネット)の世界だ。IoTのビジネス成果は、ビッグデータと関係するものが多い。そもそもビッグデータとは何なのか。そのインパクトは新しい社会の創出だけには留まらない。

 第4回で紹介したように、ビッグデータの波は、インターネットやクラウドというインフラの進化に支えられている。そして、その波は、Webやソーシャル、モバイルの波に続く大きな変化を引き起こし始めている。すでに米国では、ビッグデータ関連と呼ばれるベンチャー企業が1000社以上誕生し、IPO(株式の初公開)を実現した企業も登場している。

 例えば、2014年4月にNASDAQに上場した米Rubicon Projectは、クラウドとビッグデータのテクノロジーを基に、広告の売り手と買い手の間の「交換所」となるビジネスモデルを実現した。上場時の株価時価総額は7億ドル(約700億円)を達成している。

 データ収集の分野では、米Splunkが、米調査会社のガートナーによるマジック・クアドラントで、2013年の「リーダー」に選出された。Splunkは、ITシステムおよびインフラで生成された、すべてのデータを収集し、インデックス化することで検索・分析・可視化を可能にするソリューションを提供する。現在は、セキュリティ分野からビジネスを広げている。

センサーからアプリまでイノベーションの範囲が広い

 ビッグデータによるイノベーションは、データを中心に幅広い分野が対象になる。解析とその応用だけでなく、センサーを含むデータの収集や、解析のためのプラットフォーム、マーケティング、ITマネジメントやCRM(Customer Relationship Management:顧客関係管理)などのアプリケーションや新ビジネスなどだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
CIOのための「IT未来予測」将来を見据え、目前のITを評価せよ一覧へ
関連記事

【第7回】ビッグデータは既存社会をも変えていく複数のデータセンター全体の仮想化が実現されれば、よりダイナミックにコンピュータ資源を利用できるインフラが整うことになる。その先に待っているのが、前回紹介したIoT(Internet of Things:モノのインターネット)の世界だ。IoTのビジネス成果は、ビッグデータと関係するものが多い。そもそもビッグデータとは何なのか。そのインパクトは新しい社会の創出だけには留まらない。

PAGE TOP