[市場動向]

MDM、PC資産管理ソフトを刷新する際に知っておきたい市場動向

2014年5月28日(水)浅沼 邦明(テクノ・システム・リサーチ)

今、クライアント管理ソフトをリプレースしようと考えているのなら、少し注意が必要だ。スマートデバイスやVDIなどの登場により、クライアント環境が多様化。今後、管理業務が煩雑化することが予想されるからだ。課題を解決すべく管理ソフトの機能強化も始まっている。製品を比較検討するにあたっては、最近のトレンドを押さえておきたい。

 Windows PC一色だった企業のクライアント環境が多様化し始めている。スマートデバイスは代表格。パイロット運用を一巡させ、本格的に業務活用し始める企業が増えた。VDI(Virtual Desktop Infrastructure)も、Windows XPのサポート終了などの影響もあって、いよいよ普及期に入りつつある。

図:PCとスマートデバイス、VDIの一元管理が課題に図:PCとスマートデバイス、VDIの一元管理が課題に
拡大画像表示

 今後、多くの企業は、物理PCとスマートデバイス、VDIを併用することになるだろう。情報システム部門は、増え続ける多様なデバイスを管理しなければならない。一方で、管理に割く人数を増やせる企業はそう多くはない。つまり、管理の効率化が多くの企業にとって課題になるはずだ。

 管理効率を考える上で重要なのが、管理ソフトの一元化である。現状は、クライアントごとに管理ソフトを使い分けている場合が多い。物理PCはPC資産管理ソフト、VDIはVMwareやCitrixが提供する管理ソフト、スマートデバイスはMDM(Mobile Device Management)といった具合である。

 しかし、クライアントごとに管理画面を切り替えるのは煩雑だ。実際に、管理ツールの乱立に悩む企業は少なくない。ユーザー企業を対象に、PCとスマートデバイスの一元管理の要否を尋ねたところ、201人の回答者のうち、61人が「望む」と回答した。うち51%は1000人以上の大企業であることから、大企業ではニーズが顕在化してきている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】どんな管理ツールを選ぶべき?
  • 1
  • 2
関連記事

MDM、PC資産管理ソフトを刷新する際に知っておきたい市場動向今、クライアント管理ソフトをリプレースしようと考えているのなら、少し注意が必要だ。スマートデバイスやVDIなどの登場により、クライアント環境が多様化。今後、管理業務が煩雑化することが予想されるからだ。課題を解決すべく管理ソフトの機能強化も始まっている。製品を比較検討するにあたっては、最近のトレンドを押さえておきたい。

PAGE TOP