[新製品・サービス]

日本HP、OpenFlow対応ネットワーク製品を拡充

2014年5月27日(火)IT Leaders編集部

日本HPは2014年5月27日、ネットワーク製品の拡充を発表した。OpenFlow対応コントローラと連携するアプリケーション2種、無線LAN用アクセスポイント、データセンター向けスイッチ2機種の提供を開始した。

 「HP Network Optimizer SDN Application for Microsoft Lync」は、マイクロソフトのコミュニケーションツール「Microsoft Lync」と、HPのOpenFlowコントローラ「HP VAN SDNコントローラー」を連携するアプリケーション。音声/ビデオ通話、ビデオ会議、デスクトップ共有などのLyncの利用状況を把握し、通話や映像品質を保持するようネットワークの帯域や構成を動的に変更する。

 HP Network Optimizerは、誰がどのLyncの機能を使って通話しているのか、接続するデバイスは何かといった情報をAPIを通じて取得する。この結果に基づき、HP VAN SDNコントローラーがOpenFlow対応スイッチに帯域を広げたり、ネットワークの経路を変更したりするよう指示する。例えば、ビデオ会議に参加している人に対して帯域を優先的に割り当てれば、映像品質の低下を防げる。

 「HP Network Protector SDN Application」は、HPのOpenFlowコントローラ「HP VAN SDNコントローラー」と、マルウェアや危険なWebサイトなどの情報を蓄積するデータベース「Reputation DV」を連携するアプリケーション。マルウェアなどに感染しているデバイスが社内ネットワークに接続しようとしたとき、OpenFlowコントローラやスイッチを使って接続を遮断する。

 社内ネットワークに接続しようとするデバイスが危険かどうかを「Reputation DV」を使って識別する。Reputation DVは、世界中から集められたマルウェアや不正なWebサイトなどの情報を数百万件保持しており、この情報に照らして危険の有無を判断する。もし危険と判断した場合、「HP VAN SDNコントローラー」がOpenFlow対応スイッチに対してデバイスを接続しないよう指示する。社内ネットワークに接続済みのデバイスが、不正なWebサイトにアクセスしようとしたときに接続をブロックすることもできる。

 社内ネットワークにアクセス可能なデバイスをホワイトリストに個別登録したり、部署などのグループ単位で接続に関するポリシーを適用したりできる。

 同社は、無線LAN用のアクセスポイント「HP 560 802.11ac Dual Radio Access Point」も発表した。データの転送速度が最大1.3Gbpsとなる無線規格「IEEE802.11ac」をサポートする。

図1:HP 560 802.11ac Dual Radio Access Point

 「Wi-Fi ClearConnect」と呼ぶ機能を装備する。電波干渉によって接続しにくい状態になると、電波の出力を自動調整してつながりにくい状態を解消する。特定のアクセスポイントにアクセスが集中した場合、他のアクセスポイントを使ってアクセスを分散することでパフォーマンスの偏りを改善できる。

 今後はOpenFlowの対応を予定する。特定のユーザーがアクセスポイントに接続した場合、OpenFlowを使って優先的に帯域を割り当てられるようにする。無線LANの広帯域化が進む中、有線か無線かを問わず、動的にネットワークの帯域や構成を変更できるようにする。

 データセンターでの利用を想定したシャーシ型スイッチ「HP FlexFabric 12518E Switch」と「HP FlexFabric 12508E Switch」も発表した。内部バスを見直すなどしたことにより、従来機より性能を75%引き上げた。

図2:HP FlexFabric 12518E Switch
図3:HP FlexFabric 12508E Switch

 18台のスイッチを搭載する12518Eの場合、データ転送速度が40Gpsとなるポートを最大288個、10Gbps用ポートを最大864個まで実装できる。8台のスイッチを搭載する12508Eの場合、40Gbps用ポートを128個、10Gbps用ポートを384個まで実装できる。OpenFlowに対応し、OpenFlowコントローラによってネットワークの帯域や構成を動的に変更できる。

 価格(税別)は、HP Network Optimizerが50万円から、HP Network Protectorが25万円から、Access Pointは17万8000円となる。12518Eは5646万円から、12508Eは3131万6000円からとなる。

関連記事

日本HP、OpenFlow対応ネットワーク製品を拡充日本HPは2014年5月27日、ネットワーク製品の拡充を発表した。OpenFlow対応コントローラと連携するアプリケーション2種、無線LAN用アクセスポイント、データセンター向けスイッチ2機種の提供を開始した。

PAGE TOP