[調査・レポート]

モバイルやクラウドの利用増加を背景にセキュリティ市場は拡大傾向、IDCが調査結果を発表

2014年5月28日(水)IT Leaders編集部

IDC Japanは2014年5月27日、国内におけるセキュリティ製品/サービスの市場規模を発表した。2013年の実績値と2014年から2018年までの予測値を公開した。

 2013年の市場規模は2476億円。これは、セキュリティ関連のソフトウェア(SaaSを含む)とアプライアンスを合わせた額で、2012年と比べて11.2%増加した。

図:国内のセキュリティ製品の市場規模(2013年~2018年、出典:IDC Japan)
拡大画像表示

 ソフトウェアだけ見ると、2013年の市場規模は2065億円となる。IDC Japanは2014年以降、クラウドやモバイルの利用増加、サイバー攻撃の巧妙化などにより、アイデンティティ管理、アクセス管理、エンドポイントセキュリティ、脆弱性管理製品の需要が拡大すると見込む。

 2018年の市場規模は2494億円になると予測。2013年から2018年までの年間平均成長率は3.8%となる。

 SaaSの2013年の市場規模は108億円で、2012年と比べて22.4%増加している。2014年以降も、運用管理の負荷軽減、災害発生時の事業継続などを目的に需要は高まるとみられる。IDC Japanでは2018年のSaaSの市場規模は184億円になると予測しており、2013年から2018年までの年間平均成長率は11.3%となる。

 アプライアンスの2013年の市場規模は412億円。2012年と比べて29.0%増加した。ウイルスなどの侵入を検知するシステム(IDSやIPS)、アンチウイルスやファイアウォールなどの機能を統合管理するUTMの需要が増えたことが市場の成長に起因している。

 2014年以降もIDS/IPS、UTMが市場を牽引し、2018年の市場規模は517億円に拡大する見込み。2013年から2018年までの年間平均成長率は4.7%となる。

 セキュリティ関連のコンサルティング、システム構築、運用管理、教育/トレーニングを合わせた額は、2013年は6043億円となる。2012年と比べて6.0%増加した。運用管理システムのクラウド化などにより市場は拡大し、IDC Japanでは2018年の市場規模は7403億円になると予測する。2013年から2018年までの年間平均成長率は4.1%となる。

関連記事

モバイルやクラウドの利用増加を背景にセキュリティ市場は拡大傾向、IDCが調査結果を発表IDC Japanは2014年5月27日、国内におけるセキュリティ製品/サービスの市場規模を発表した。2013年の実績値と2014年から2018年までの予測値を公開した。

PAGE TOP