[事例ニュース]

静岡県内の12信金、手形交換業務を共同化

2014年5月30日(金)IT Leaders編集部

静岡県信用金庫協会は2014年5月7日、会員である12信金の事務効率化を目指して「信金静岡共同センター」を設置。同日、手形交換業務の共同運用を開始した。業務委託先である日本ユニシスが2014年5月30日に発表した。

同センターで実施するのは、手形交換・手形期日管理業務である。これまでは各信金が個別に交換所に持ち寄っていた紙の手形を電子化して集中管理するほか、手形のエントリーや印鑑照合、形式点検といった事務処理を一括して担う。これにより、各金庫の事務コストを大幅に削減することを狙う。必要に応じて手形イメージを画面表示できるため、事務担当者の利便性向上も図れる。さらに、手形紛失事故を防止するメリットを期待できるという。静岡県信用金庫協会は今回の取り組みに続き、為替業務の共同化を検討していく。

日本ユニシスがセンター運用や事務処理を受託した。サーバー機器などのインフラも同社が提供する。

静岡県信用金庫協会の会員12信金は以下の通り。しずおか信用金庫、静清信用金庫、浜松信用金庫、沼津信用金庫、三島信用金庫、富士宮信用金庫、島田信用金庫、磐田信用金庫、焼津信用金庫、掛川信用金庫、富士信用金庫、遠州信用金庫。

【プロジェクトの概要】
ユーザー名 静岡県信用金庫協会
業種 一般社団法人
導入サービス 手形交換・手形期日管理業務のアウトソーシング
導入目的 事務処理の効率化
導入時期 2014年5月
関連キーワード

金融 / 信用金庫 / 共同センター / 日本ユニシス

関連記事

静岡県内の12信金、手形交換業務を共同化静岡県信用金庫協会は2014年5月7日、会員である12信金の事務効率化を目指して「信金静岡共同センター」を設置。同日、手形交換業務の共同運用を開始した。業務委託先である日本ユニシスが2014年5月30日に発表した。

PAGE TOP