[事例ニュース]

アサヒビール、画像認識技術を活用してスマートフォン向けマーケティングを強化

2014年6月5日(木)IT Leaders編集部

アサヒビールは2014年6月5日、スマートフォンユーザー向けのプレゼントキャンペーンを開始した。これに伴い、自社製品を取り扱う飲食店に消費者を誘導するスマートフォンアプリに機能強化を施した。サービスや技術を提供したビッグローブとNECが同日発表した。

同社は従来から、自社製品を取り扱う飲食店を地図や地域名から検索・表示するスマートフォン向けアプリを提供している。今回、新規キャンペーンを実施するにあたり、同アプリに新機能を追加した。スマートフォンカメラで認識した画像をサーバーに登録済みの画像とマッチングし、画像ごとにあらかじめ指定されたWebページを表示する機能だ。

製品ロゴ画像と応募ページをひもづけた。消費者は、店頭や街中などに表記されている製品ロゴにスマートフォンをかざすことでキャンペーン応募ページにアクセスできる。簡単に応募できる利便性を提供することでアプリ利用者を増やし、製品の認知拡大や販売する飲食店の集客力強化を図る。

新機能は、マーケティング支援サービスである「BIGLOBE mirucamera」を利用して実現した。同サービスは、画像認識技術にNECの「GAZIRU」を採用している。

【プロジェクトの概要】
ユーザー名 アサヒビール
業種 製造
導入システム スマートフォンアプリ
導入目的 自社製品の認知拡大、販売店舗の集客力強化
導入時期 2014年6月
主な利用サービス 「BIGLOBE mirucame」
関連キーワード

食品 / 飲料 / 製造 / ビッグローブ / NEC

関連記事

アサヒビール、画像認識技術を活用してスマートフォン向けマーケティングを強化アサヒビールは2014年6月5日、スマートフォンユーザー向けのプレゼントキャンペーンを開始した。これに伴い、自社製品を取り扱う飲食店に消費者を誘導するスマートフォンアプリに機能強化を施した。サービスや技術を提供したビッグローブとNECが同日発表した。

PAGE TOP