[河原潤のITストリーム]

「エンタープライズDevOps」は広がるか―CAが挑む開発・運用の双方向アプローチ:第44回

2014年6月6日(金)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

ビジネスのスピードに呼応すべく、開発チームと運用チームが密に連携し合うことで、迅速なアプリケーションの開発と継続的なインテグレーションを目指すDevOps。両者の高い壁を破るこの方法論は、開発者が社員の半数以上を占めるような先進テクノロジー企業だけのものなのでしょうか。先ごろCA Technologiesが発表したDevOps戦略を取り上げて、“エンタープライズDevOps”の要件や可能性について考えてみます。

 IT業界もしくはユーザー企業のIT活用に長く携わっている方であれば、CA Technologiesと聞いて、多くが運用管理やセキュリティ、あるいはメインフレーム向けのソフトウェア製品を思い浮かべるのではないでしょうか(実は私もそうでした)。ですが近年のCAは、これらの分野と同等、もしくはそれ以上に、アプリケーション・デリバリーやAPM(Application Performance Management)といったアプリケーションの開発ライフサイクルにまつわる分野に力を注いでいます。

 とりわけ、ここ1、2年の注目トレンドであるDevOpsについては、同社の製品ポートフォリオの3本柱の1本に位置づけられていて、エンタープライズITでのDevOpsを推し進めたい同社の強い意志が伝わってきます(他の2本はマネジメントクラウドとセキュリティ)。

エンタープライズにおけるDevOpsの要件

CA日本法人でDevOps担当ディレクターを務める渡辺隆氏

 アプリケーションの迅速な開発と継続的なデリバリーという、アジャイル開発コミュニティ発祥の、先端的な開発者たちの主導で形成されたDevOpsの方法論が、(概して重厚長大で、部門間の壁が高く、保守的な)エンタープライズITのアプリケーション開発にうまくフィットするのかどうか――「エンタープライズDevOps」を考えるうえでよくなされるこの議論に、CAがどのようにこたえているのかは気になるところです。

 エンタープライズにおけるDevOpsの要件について、CA日本法人でDevOps担当ディレクターを務める渡辺隆氏は、「開発と運用の間には、プロジェクトの進行スピードと品質に大きな影響を及ぼす、たくさんの作業がある」と指摘し、次のように説明しています。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】「DevからOpsだけでなく、OpsからDevのアプローチも用意」
  • 1
  • 2
バックナンバー
河原潤のITストリーム一覧へ
関連キーワード

CA / DevOps

関連記事

「エンタープライズDevOps」は広がるか―CAが挑む開発・運用の双方向アプローチ:第44回ビジネスのスピードに呼応すべく、開発チームと運用チームが密に連携し合うことで、迅速なアプリケーションの開発と継続的なインテグレーションを目指すDevOps。両者の高い壁を破るこの方法論は、開発者が社員の半数以上を占めるような先進テクノロジー企業だけのものなのでしょうか。先ごろCA Technologiesが発表したDevOps戦略を取り上げて、“エンタープライズDevOps”の要件や可能性について考えてみます。

PAGE TOP