[大元隆志のウェアラブル・ビジネス活用最前線]

Google Glassに先駆けて発売した国産スマートグラス「MOVERIO BT-200」

2014年6月16日(月)大元 隆志

スマートグラスと言えばグーグルグラスの話題に集中しがち。だが、グーグルよりも早くこの市場に参入していた企業が日本国内に存在する。セイコーエプソンだ。2011年にAndroid2.2を搭載したスマートグラス「MOVERIO BT-100」を発売。今年1月には、Android4.0に対応した最新版「MOVERIO BT-200」を発表した。6月から国内販売を開始する。強みは、液晶プロジェクターで培った技術。ARの映像美を追求する。同社の担当者に取り組みを聞いた。

セイコーエプソン 津田敦也 部長セイコーエプソン 
ビジュアルプロダクツ事業部 
HMD事業推進部 部長 津田敦也氏

―MOVERIOとはどういった製品なのでしょうか?

 簡単に言うと、スマートグラスです。眼鏡部分とコントローラ部分の二つの部品で構成しています。コントローラ部分はディスプレイのないAndroid端末ですね。Android4.0で動作するアプリが実行可能です。このコントローラで処理された映像が眼鏡部分に表示されます。マイク入力やBluetoothに対応していますので、アプリ次第で対応可能です。例えば、「Yahoo!音声アシスト」はMOVERIOに対応しています。

―最近では、多数のスマートグラスがありますが、MOVERIOのウリはなんでしょう?

 何と言っても、両眼タイプで、シースルーであることです。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】両眼型スマートグラスが単眼型よりも優れている理由
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
大元隆志のウェアラブル・ビジネス活用最前線一覧へ
関連記事

Google Glassに先駆けて発売した国産スマートグラス「MOVERIO BT-200」 スマートグラスと言えばグーグルグラスの話題に集中しがち。だが、グーグルよりも早くこの市場に参入していた企業が日本国内に存在する。セイコーエプソンだ。2011年にAndroid2.2を搭載したスマートグラス「MOVERIO BT-100」を発売。今年1月には、Android4.0に対応した最新版「MOVERIO BT-200」を発表した。6月から国内販売を開始する。強みは、液晶プロジェクターで培った技術。ARの映像美を追求する。同社の担当者に取り組みを聞いた。

PAGE TOP