[“聴き手の心を動かす”プレゼンテーション]

【第6回】21のポイント<予行編>
その2~「目で語る」

2014年6月23日(月)永井 一美(オレンジコミュニケーション・サポート)

前回から解説を始めた「予行編」。7つあるポイントのうち、今回は残りの4つ、「目で語る」「体で語る」「間で語る」「リハーサルが命」に言及する。

「予行編」(7つのポイント)

 前回は「予行編」のポイントとして、「聴き手と繋がる」「間投詞を言わない」「声を届ける」の3つを解説した。今回は残り4つを解説する。


【Point 14】

「目で語る」

“目”はコミュニケーションの基本

 会話において、よそ見しながら話すことはない。特に、相手に何かを訴えたいならなおさらだ。「アイ・コンタクト」「アイ・コネクト」。目で聴き手と繋がりながら思いを込めて語ること。

 聴き手は目が合ったと思うと話に集中する。スライドを見たまま、手元のパソコンを見たまま、といったプレゼンターも多い。聴き手は、直接目と目が合わなくとも、自分の方に顔が向けば、聴かずにはいられない。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】「間で語る」「リハーサルが命」
  • 1
  • 2
バックナンバー
“聴き手の心を動かす”プレゼンテーション一覧へ
関連記事

【第6回】21のポイントその2~「目で語る」前回から解説を始めた「予行編」。7つあるポイントのうち、今回は残りの4つ、「目で語る」「体で語る」「間で語る」「リハーサルが命」に言及する。

PAGE TOP