[木内里美の是正勧告]

「知」に投資しないユーザー企業体質

2014年6月23日(月)木内 里美

ITの巧みな利活用に向けて、日頃から様々な活動をしているが、残念なのはユーザー企業の姿勢が消極的なことだ。その背景を考えてみる。

 筆者は社会貢献の一環として、情報システムに関わるいくつかの活動をしており、それらを通じて痛感していることがある。情報システムを活用してビジネスを行う、いわゆるユーザー企業が、こういった社会貢献的な活動に極めて消極的だということである。

 活動の一つに、理事を務める日本データマネジメント・コンソーシアムがある。データマネジメントというと地味に聞こえるが、情報システムの本質であるデータの管理や利活用をどう進めるかを技術や事例など含めて研究・啓蒙する団体だ。ベンダー企業は有償、ユーザー企業は無償という仕組みであるにも関わらず、ボランティアで熱心に活動を支える人の多くは、ベンダー企業から参加されている人々である。

 もう一つ、筆者が理事長を務める特定非営利活動法人、システムイニシアティブ協会もある。経営に役立つ情報システムを創り活用するために、情報システムのオーナーであり利活用の当事者であるユーザー企業の主体性を促す活動をしている。立ち上げ時はスポンサー企業のお世話になり、任意団体として無償で事例セミナーを提供していた。

 その後NPO法人としての体制を整え、ユーザー企業、ベンダー企業を分かたず、法人正会員と個人正会員とセミナー参加の個人準会員の会費で運営を賄っていく仕組みにした。年会費10万円を負担してもらっている法人正会員の90%以上はベンダー企業である。おそらくユーザー企業ではこの会費の社内稟議が通らないのだろう。そればかりかユーザー企業からの参加は企業内の眼が厳しいらしく、毎回自己負担で遠方から参加して下さるユーザー会員もいる。これらの現実に、「知」に投資をしないユーザー企業の体質を見る思いがするのだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】「知とIT」への投資無くして将来展望はない
  • 1
  • 2
バックナンバー
木内里美の是正勧告一覧へ
関連キーワード

データマネジメント / 日本データマネジメント・コンソーシアム / システムイニシアティブ協会

関連記事

「知」に投資しないユーザー企業体質ITの巧みな利活用に向けて、日頃から様々な活動をしているが、残念なのはユーザー企業の姿勢が消極的なことだ。その背景を考えてみる。

PAGE TOP