[インタビュー]

互換DB軸足にOracle対抗馬を市場投入、「健全な市場には競争が必要だ」

──韓国ティーマックスデータ社の幹部インタビュー

2014年6月24日(火)川上 潤司(IT Leaders編集部)

Oracle互換のデータベース「Tibero RDBMS」を開発する韓国のティーマックスデータ社。互換DBの意味するところと本質的な狙い、今後のロードマップなどを来日した幹部に聞いた。

韓国ティーマックスデータ社の常務補/海外CS2室 室長を務めるコン・サンフィ氏

 韓国の大手ソリューションプロバイダーであるティーマックスソフト(TmaxSoft)。そのグループ企業で、Oracle互換のデータベース開発を主軸にビジネス展開しているのが、2003年創業のティーマックスデータ(TmaxData)社である<注:旧社名はTIBERO社>。

 このほど、同社の常務補であり、これまでDBコンサルティングや技術サポートなどの要職を務めてきたコン・サンフィ(Kong Sang Hui)氏が来日したのを機に、製品展開の狙いや今後のロードマップを含めた機能的トピックを聞いた。

Oracle DBに関する知識やスキルを最大限に活かせる

Oracle DBとの互換性を謳う「Tibero RDBMS」だが、その“互換性”の意味するところをもう少し詳しく聞かせてほしい。

 Oracle DBを使った既存アプリケーションの場合、我々は通常、3%ほどの修正でTiberoに移行できると言っている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】Tiberoの認知度を世界で高め、市場に競争を持ち込む
  • 1
  • 2
  • 3
関連キーワード

TmaxSoft / TmaxData / Tibero

関連記事

互換DB軸足にOracle対抗馬を市場投入、「健全な市場には競争が必要だ」Oracle互換のデータベース「Tibero RDBMS」を開発する韓国のティーマックスデータ社。互換DBの意味するところと本質的な狙い、今後のロードマップなどを来日した幹部に聞いた。

PAGE TOP