CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[インタビュー]

「攻め」に転じる動きあり、全体平均では見えないIT投資動向 JUAS「企業IT動向調査2014」

2014年7月9日(水)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

ビッグデータやモバイルデバイスといったテクノロジーの登場により、企業ITは新たなステージに移行しようとしている。新技術を活用し、業務を革新せよとの言説には枚挙に暇がないが、企業各社の実態はどうか。日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)で「企業IT動向調査2014」をまとめた常務理事の浜田達夫氏に聞いた。

浜田氏日本情報システム・ユーザー協会
常務理事 浜田達夫氏

 JUASは毎年、各社の予算策定時期に合わせて、「企業IT投資動向調査」を実施している。情報システムに関わるさまざまな実態を尋ねるものだ。IT投資を巡る今日的な関心事は、各社が予算を「攻め」と「守り」にどう分配しているかだろう。本調査では「ITで解決したい中期的な課題」を定点観測するため毎年尋ねている。

 今回の結果をまとめたのが図である。最も多かったのは、「迅速な業績把握、情報把握の実現(リアルタイム経営)」で22.1%。次いで、「業務プロセスの効率化(省力化、業務コスト削減)」が19.2%だった。これらは、意思決定を支援するサポート的な存在。今回の調査では、ひとまず守りの投資としてカウントしている。

 一方、売り上げや利益の増加に直接結びつく、「攻め」のグループで最も多かったのは「営業力の強化」で8.2%、「グローバル化への対応」が6.7%で続いた。各項目を足し合わせると、攻めの投資が32.7%に対して、守りの投資は67.3%。IT投資に守りを求める傾向が窺える。

図1:IT投資で解決したい中期的な経営課題図:「攻め」と「守り」・IT投資で解決したい中期的な経営課題(1位)
(出典:日本情報システム・ユーザー協会「第20回 企業IT動向調査2014年(13年度調査)」)
拡大画像表示

 ただし、これだけを見て、全体を把握したと考えるのは早計だ。セグメント別に見ると、異なる様相が浮かび上がる。例えば、下図は調査結果を売上高でセグメントしたもの。売上規模によって、投資意向が大きく異なることが分かる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】投資配分の内訳は、攻めが2割、守りが8割
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

「攻め」に転じる動きあり、全体平均では見えないIT投資動向 JUAS「企業IT動向調査2014」ビッグデータやモバイルデバイスといったテクノロジーの登場により、企業ITは新たなステージに移行しようとしている。新技術を活用し、業務を革新せよとの言説には枚挙に暇がないが、企業各社の実態はどうか。日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)で「企業IT動向調査2014」をまとめた常務理事の浜田達夫氏に聞いた。

PAGE TOP