リスクマネジメント リスクマネジメント記事一覧へ

[市場動向]

EMC、世界15カ国、1万5000人のプライバシー意識調査の結果を発表

「EMC Privacy Index」

2014年7月3日(木)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

EMCジャパンは2014年7月2日、オンラインプライバシーに対する消費者意識・動向調査「EMC Privacy Index」の結果を発表した。世界各国ともプライバシーに対する人々の関心は強く、個人情報の利用には慎重な姿勢が必要なことが分かった。

 デジタル技術の進歩により、消費者に関するさまざまなデータを取得・活用できるようになった。ビッグデータ分析やデジタルマーケティングなど、データの高度活用に関心を寄せる企業は少なくない。一方、こうした取り組みの高いハードルとなるのがプライバシーである。消費者心理を読み誤れば、企業の信頼を損ないかねない。

 人々はどのような利便性に対して、どの程度プライバシーを譲歩するのか。そんな疑問に答えるべく、米EMCは「EMC Privacy Index」と呼ぶ調査を実施した。世界15の国・地域から1000人ずつ、合計で1万5000人の消費者を抽出。オンライン利用の何に価値を置いているか、プライバシー確保のために何をしているか、利便性やセキュリティの向上にプライバシーをどの程度犠牲にできるかなどを尋ねた。

 米EMCは、調査を通して3つの傾向を明らかにしたと総括している。

プライバシーの犠牲には慎重

 まず、利便性と引き換えにプライバシーの犠牲を受け入れる、といった考え方はあまり定着していないようだ。回答者の多くが、情報の検索や公共サービスへのアクセス、他社とのコミュニケーションといった、デジタル技術がもたらす利便性を高く評価。一方、その代償として犠牲にできるプライバシーの度合いは少なかった。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

EMC、世界15カ国、1万5000人のプライバシー意識調査の結果を発表EMCジャパンは2014年7月2日、オンラインプライバシーに対する消費者意識・動向調査「EMC Privacy Index」の結果を発表した。世界各国ともプライバシーに対する人々の関心は強く、個人情報の利用には慎重な姿勢が必要なことが分かった。

PAGE TOP