[シリコンバレー最前線]

Tesla Motorsが特許をオープンソースに、特許や著作権のボーダーレス化が進む

2014年7月9日(水)山谷 正己

米電気自動車メーカーの雄、Tesla Motorsが2014年6月、同社の全特許をオープンソース化すると発表。一方で、ストリーミングサービスのAereoには著作権侵害の断が下された。特許や著作権の扱いもボーダーレス化が進み、既存価値が揺らぎ始めている。

 Tesla Motorsは2003年にシリコンバレーに設立された電気自動車の新興メーカーだ。数々のベンチャーキャピタル(VC)からの巨額の投資と米国エネルギー省から4億6500万ドルの融資を受けている。同社は、矢継ぎ早に特許を申請・取得しており、2013年は203件の特許を取得した。現在も新たに280件の特許を申請中である。

 そのTesla Motorsが2014年6月12日、同社が所有するすべての特許をオープンソースにすると発表した。同社のCEO(Chief Executive Officer)であるイーロン・マスク氏は、同社のブログで次のように述べている。

 「特許は、その係争のために法律関係者を儲けさせるだけで、技術の進歩を妨げるものである。世界の電気自動車の製造台数は、全自動車のそれの1%に過ぎない。大手メーカーでも、電気自動車の製造は小規模である。まだ電気自動車を製造していないメーカーも多い。ガソリン車による地球上の二酸化炭素の排出量を削減するために、もっと真剣に電気自動車の標準化と普及を促進しなければならない(抄訳)」

電気自動車の普及に向けて充電スタンドの標準化狙う

 同社が特許のオープンソース化で狙うのは、自社開発した充電スタンドの仕様を業界標準にすることで、電気自動車の急速な普及を可能にすることだ。Teslaのセダン車である「モデルS」の床下には、7000個の小型リチウム電池(パナソニック製)が敷き詰められており、その充電には220ボルト電源で約1時間かかる。そこで同社は電圧を440ボルトに高め20分間で充電できるスーパーチャージャーを開発した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】最高裁で放送局側が逆転勝訴に
  • 1
  • 2
バックナンバー
シリコンバレー最前線一覧へ
関連記事

Tesla Motorsが特許をオープンソースに、特許や著作権のボーダーレス化が進む米電気自動車メーカーの雄、Tesla Motorsが2014年6月、同社の全特許をオープンソース化すると発表。一方で、ストリーミングサービスのAereoには著作権侵害の断が下された。特許や著作権の扱いもボーダーレス化が進み、既存価値が揺らぎ始めている。

PAGE TOP