データセンター データセンター記事一覧へ

[市場動向]

IoT/ビッグデータの時代に企業が着目すべき「データセンターのライフサイクル管理」

2014年7月8日(火)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

サーバーやシステムを収容する固定的なファシリティとしてとらえられることが多いデータセンター。だが、IoT (Internet of Things) やビッグデータ、モバイル、ソーシャルといった昨今のITの潮流がそんな旧来のデータセンターのあり方を変えようとしている。2014年5月29日にシンガポールで開催されたイベント「Schneider Electric APJ MediaMeeting」で、シュナイダーエレクトリックが現在の着目点として訴えたのは、データセンターを1つの巨大かつ動的なシステムととらえたライフサイクル管理である。

昨今のIT潮流がデータセンターに与える影響

 あらゆるモノがインターネットにつながるIoTの時代が現実味を帯びてきた。すでに先進企業では、センサーネットワークを駆使してモノが発する膨大な情報・データを収集し、ビッグデータ分析などを経て自社の製造や物流、販売などに生かしてビジネス上の成果を上げ始めている。

写真1:米シュナイダーエレクトリック シニアバイスプレジデント ITビジネス/グローバルセールス担当 フィリップ・アルソノ氏
拡大画像表示

 そんなIoT/ビッグデータ、それにモバイルやソーシャルといった昨今のITの潮流がデータセンターのあり方にも変化を強く求めている。シュナイダーエレクトリックのシニアバイスプレジデントでITビジネス/グローバルセールスを統括するフィリップ・アルソノ(Philippe Arsonneau)氏(写真1)は、「企業が扱うデータ量が量・種類共にこのまま増大を続けると、今のデータセンターのキャパシティでは到底間に合わなくなる。いかに拡張していくかが問題となる」と指摘した。

 アルソノ氏が言いたいのは、IoTやビッグデータの活用に対応できるよう、単にサーバーの処理能力やストレージの容量などハードウェアを拡張すればよい、という単純な話ではない。データのセキュリティと可用性、データ管理のガバナンスなど、企業ITの様々な要件を満たしながら、データセンターそのものを変革していく必要があると同氏は説明。その解として挙げられたのが、現在、シュナイダーエレクトリックが注力する「データセンターのライフサイクル管理」である。

 「かつて、データセンターは構築してしまえばそれで終わりだったが、IoTやビッグデータの時代にそれでは通用しない。企業には、今後のビジネスを見据えて、設計・構築から改善のための計画に至るライフサイクルの仕組みの下で、データセンターを効率よく継続運用していく必要がある」とアルソノ氏。すなわち、データセンター全体を1つの巨大な、しかも動き続けるシステムとしてとらえて、一般的なシステムの運用管理と同様、フェーズごとの監視管理を行っていくことで全体最適化を図っていくべきだ、というわけだ。

関連キーワード

Schneider Electric / データセンター / DCIM / IoT / グリーンIT

関連記事

IoT/ビッグデータの時代に企業が着目すべき「データセンターのライフサイクル管理」サーバーやシステムを収容する固定的なファシリティとしてとらえられることが多いデータセンター。だが、IoT (Internet of Things) やビッグデータ、モバイル、ソーシャルといった昨今のITの潮流がそんな旧来のデータセンターのあり方を変えようとしている。2014年5月29日にシンガポールで開催されたイベント「Schneider Electric APJ MediaMeeting」で、シュナイダーエレクトリックが現在の着目点として訴えたのは、データセンターを1つの巨大かつ動的なシステムととらえたライフサイクル管理である。

PAGE TOP