[矢坂徹の「CIOの心得」]

IT部門が内包すべき機能 その2~テクニカル機能

2014年7月9日(水)矢坂 徹(ウェッジ・コンサルティング代表)

IT部門に欠かせない5つの内製機能のうち「テクニカル機能」を詳しく解説する。玩物喪志という諺よろしく、ともするとテクノロジードリブンの発想で、IT戦略が迷走しているケースも少なくない。社内のIT部門の価値を、技術的スキルの側面で再考してみよう

 前回は、IT部門が必須とする5つの内製機能のうち、1つめの「戦略企画機能」を取り上げました。経営や部門が抱える課題を理解し、IT部門として積極的にその改善策を策定する内製機能と、その補助機能である4つ──「集中と分散についての分析機能」「各地域ビジネス知識」「Global戦略の把握機能」「管理会計の基礎知識」──についても具体的な例を挙げて説明しました。

 今回のテーマは、IT部門が持つべき必須内製機能の2つめである「テクニカル機能」。これには「IT部門として当然持つべき機能であり、あえて説明は不要では?」という声も聞こえてきそうですね。ただ、この機能は皆さんが通常考えるであろう「システムの実装に不可欠なテクニカルスキル」とは少し趣を異にしています。以下、私なりに考える「テクニカル機能」について説明しましょう。

テクニカル機能

必須機能 先を下支えする補助機能
テクニカル機能 ●鳥瞰的なアーキテクチャの把握
●技術をベースにトレンドを読む機能
●地域別の実務特性に基づいたテクノロジーの選択機能

 内製のテクニカル機能と言うと皆さんは一般的に、「インフラストラクチャ構築やアプリケーション開発の機能遂行に必須のスキルを持つこと」と定義されるのではないでしょうか? 間違ってはいませんが、技術力があれば本当に企業内IT部門として機能を遂行できるか、といった視点を持つことが肝要です。

 皆さんの部下が技術力を習得すればする程、その内容は狭いエリアにより深く入っていくことになります。例えばDBの専門的知識を得るためにDBAのスキルを身に付け、自らDBをチューニングするなどして仕様に応じてパフォーマンスを高める業務にあたっていたりしますね。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】鳥瞰的なアーキテクチャ把握 ほか
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
矢坂徹の「CIOの心得」一覧へ
関連記事

IT部門が内包すべき機能 その2~テクニカル機能IT部門に欠かせない5つの内製機能のうち「テクニカル機能」を詳しく解説する。玩物喪志という諺よろしく、ともするとテクノロジードリブンの発想で、IT戦略が迷走しているケースも少なくない。社内のIT部門の価値を、技術的スキルの側面で再考してみよう

PAGE TOP