[事例ニュース]

プラスの流通事業部門、iPadを活用し新たな営業スタイルを確立

2014年7月10日(木)IT Leaders編集部

プラスの流通事業部門であるジョインテックスカンパニーは2014年6月、新たな見積業務支援システムを利用開始した。サービスを提供するソフトバンク・テクノロジーが、 2014年7月9日に発表した。

ジョインテックスカンパニーは、プラスの社内カンパニーとして、文具・オフィス家具および各種サービスの卸販売事業を展開している。全国の文具販売店約7000社を顧客とする同カンパニーにおいて近年、営業スタイルの変革が急務となっていた。

営業担当者はこれまで、PCと紙のカタログを使って見積もりを作成し、FAXで提出しなければならなかった。このため、客先への訪問業務を終えた後、見積作成業務のためだけに帰社するといった無駄が発生。業務時間をより有効活用するための施策が求められていた。

そこで、すでに全営業担当者に配布済みだったiPadを活用することにした。具体的には、iPadからクラウド上のサーバーにアクセスすることにより、場所を問わず見積もりを作成・提示できるシステムを導入した。その結果、訪問数と見積もり作成数が大幅に増加したという。

ソフトバンク・テクノロジーのクラウドサービスを利用している。

【プロジェクトの概要】
ユーザー名 プラス株式会社・ジョインテックスカンパニー
業種 文具・オフィス家具および各種サービスの卸販売
導入システム 見積業務支援システム
導入目的 営業業務の効率化
導入時期 2014年6月
主な利用製品 「Smart at estimate」
関連キーワード

製造 / 流通 / iPad / 見積もり / ソフトバンク・テクノロジー

関連記事

プラスの流通事業部門、iPadを活用し新たな営業スタイルを確立プラスの流通事業部門であるジョインテックスカンパニーは2014年6月、新たな見積業務支援システムを利用開始した。サービスを提供するソフトバンク・テクノロジーが、 2014年7月9日に発表した。

PAGE TOP