[新製品・サービス]

IIJとマイクロソフトがクラウド事業で協業、Azure閉域網接続サービスを国内提供へ

2014年7月10日(木)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

インターネットイニシアティブ(IIJ)と日本マイクロソフトは2014年7月10日、IIJの企業向けクラウドサービス「IIJ GIO」と、マイクロソフトのパブリッククラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を連携させた「マルチクラウドサービス」の提供に向けて協業。その体制と今後に提供予定のサービスについて発表した。

適材適所な「マルチクラウド」のニーズにこたえる

 同日に開かれた共同記者説明会で、インターネットイニシアティブ 代表取締役社長の勝栄二郎氏は、「クラウドサービスが成熟し、機密性の高い情報を取り扱うシステムはオンプレミスで、単価の差が大きくデータ処理量が時間によって増減するシステムはパブリッククラウドといったように、用途ごとに複数のクラウドサービスを使い分けたいというマルチクラウドのニーズが高まっている」と協業の背景を説明。その際、パブリッククラウドについては、システムやアプリケーションに応じてクラウド事業者を使い分けたり、事業継続性の観点から複数のクラウド事業者を利用したりといったケースが増えているという。

 同じく説明会に臨んだ日本マイクロソフト 代表執行役 社長の樋口泰行氏は、「以前より掲げるクラウドOSのビジョンの下、マイクロソフトでは、Azureに限らず、他社のパブリッククラウドやオンプレミスを含めて、それらをシームレスに連携させた環境を提供していく」とし、今回のパートナーシップによって、両社の強みを生かして、顧客企業からのマルチクラウドのさまざまなニーズに応えていくことができると強調した。

 協業の第1弾として、IIJがマイクロソフトのAzure閉域網接続サービス「ExpressRoute」の日本における最初のパートナーとなり、国内企業に向けて提供を行う。なお、同サービスについては、欧米ですでに数社のパートナーから提供が始まっている。

 両社による日本企業向けのExpressRouteは、「IIJクラウドエクスチェンジサービス for Microsoft Azure」のサービス名で提供される。具体的な仕組みとしては、IIJのバックボーン上に構築されるユーザー専用のプライベートネットワーク「IIJ GIOプライベートバックボーンサービス」を経由して、マイクロソフトのAzure日本データセンター(埼玉県、大阪府の東西2拠点)に置かれたリソースへの閉域網接続が確立されるかたちだ。

IIJクラウドエクスチェンジサービス for Microsoft Azureの構成イメージ(出典:IIJ/日本マイクロソフト)
関連キーワード

IIJ / Microsoft / 協業・提携

関連記事

IIJとマイクロソフトがクラウド事業で協業、Azure閉域網接続サービスを国内提供へインターネットイニシアティブ(IIJ)と日本マイクロソフトは2014年7月10日、IIJの企業向けクラウドサービス「IIJ GIO」と、マイクロソフトのパブリッククラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を連携させた「マルチクラウドサービス」の提供に向けて協業。その体制と今後に提供予定のサービスについて発表した。

PAGE TOP