CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[ITリーダーの美学]

ヤマトホールディングス 皆木 健司 氏

たくましい想像力がイノベーションに結実する

2014年7月24日(木)川上 潤司(IT Leaders編集部)

ヤマトグループの歴史は「イノベーションの歴史」であり、その原点は1929年の路線便事業の開始にさかのぼる。その後、1976年に宅急便事業を開始し、現在に至るまで、スキー宅急便やゴルフ宅急便、クール宅急便、宅急便コレクトなど、それまで世の中になかったサービスを次々と送り出し、今や宅急便は、生活やビジネスにとって不可欠のインフラとなった。このビジネスを表裏一体で支えるITの取り組みと今後の戦略を皆木健司氏に聞いた。(聞き手は、川上潤司=IT Leaders 編集長)。 写真◎赤司 聡

 

業界初のハンディターミナル導入時からIT戦略に関わってきた

入社から今日にいたるまで、様々な業務に携わってこられたと伺いました。

 若い頃はヤマト運輸の宅急便の現場をたくさん経験しました。荷物の配達もやりましたし、営業所の所長や長崎の主管支店長なども務めました。本社では、総務部長や経営企画部長のほか、ヤマトグループ全体の経営戦略や広報戦略にも携わりましてね。昨年まではグループ会社のヤマトシステム開発(以下、YSD)の社長を務めていました。

そうすると皆木さんとITの出会いは、いつ頃にさかのぼるのですか。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】イノベーションは「宅急便」から始まった
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
ITリーダーの美学一覧へ
関連キーワード

運輸 / 物流 / 宅配便 / ハンディターミナル / ウェアラブル

関連記事

ヤマトホールディングス 皆木 健司 氏ヤマトグループの歴史は「イノベーションの歴史」であり、その原点は1929年の路線便事業の開始にさかのぼる。その後、1976年に宅急便事業を開始し、現在に至るまで、スキー宅急便やゴルフ宅急便、クール宅急便、宅急便コレクトなど、それまで世の中になかったサービスを次々と送り出し、今や宅急便は、生活やビジネスにとって不可欠のインフラとなった。このビジネスを表裏一体で支えるITの取り組みと今後の戦略を皆木健司氏に聞いた。(聞き手は、川上潤司=IT Leaders 編集長)。 写真◎赤司 聡

PAGE TOP