【Special】

クラウド、モバイル、IoT時代、アプリケーションパフォーマンスの“自衛”が不可欠になる

顧客や従業員が快適にシステムを利用するために必要なこと

2014年7月29日(火)

リバーベッドテクノロジー(以下、リバーベッド)は設立以来、「距離と場所の制約を解消する」という理念を一貫して追求し続けてきた。研究開発やM&Aによって、ポートフォリオを拡充。それらを統合して、新ブランド「Steel」を打ち出した。ネットワークインフラの状況を可視化し、ボトルネックを解消、常にエンドユーザーに快適な環境を提供するための手段を提供する。あらためて、リバーベッドが解決する課題を紹介しよう。

パブリッククラウドとモバイルの利用拡大で、
パフォーマンス問題はさらに複雑化

 リバーベッドテクノロジーという会社名を聞いて、どんな製品・サービスを想像するだろうか。おそらく、多くの読者はWAN高速化装置を思い浮かべるに違いない。リバーベッドはWAN高速化の分野でリーディングカンパニーだからだ。

 しかし、サービスの実態をより正確に言い表すならば、アプリケーションのパフォーマンスを最適化するテクノロジーを提供するベンダーと言えるだろう。WAN高速化を含め、通信のボトルネックを解消し、システムを快適に利用するための手段を提供している。

リバーベッドテクノロジー日本法人の大須賀雅憲 執行役社長リバーベッドテクノロジー日本法人の大須賀雅憲 執行役社長

 もしかしたら、リバーベッドはこれまで、読者にとって身近な存在ではなかったかもしれない。主力製品のWAN高速化は、帯域幅の狭いネットワークをスムーズに通信するための製品。製品が生まれた米国と違って、日本は国土が狭く、ネットワークの品質も高い。都市をまたいだ通信でも、遅延が問題になることはほとんどなかった。

 よって、ネットワーク事情の悪い中国や東南アジアに拠点を置いたり、BCP(業務継続性計画)/DR(災害復旧)などを目的として、データセンター間を接続したりする場合でもなければ、WAN高速化の必然性を感じることなく機会は少なかったと思われる。

 しかし、今後、読者がリバーベッドのテクノロジーを必要とする可能性は十分にある。なぜなら、企業システムをとりまく環境が大きく変化しており、パフォーマンスの確保が多くのIT管理者にとって大きな課題となると考えられるからだ。

関連記事

クラウド、モバイル、IoT時代、アプリケーションパフォーマンスの“自衛”が不可欠になるリバーベッドテクノロジー(以下、リバーベッド)は設立以来、「距離と場所の制約を解消する」という理念を一貫して追求し続けてきた。研究開発やM&Aによって、ポートフォリオを拡充。それらを統合して、新ブランド「Steel」を打ち出した。ネットワークインフラの状況を可視化し、ボトルネックを解消、常にエンドユーザーに快適な環境を提供するための手段を提供する。あらためて、リバーベッドが解決する課題を紹介しよう。

PAGE TOP