【Special】

ロードバランサーも仮想化すればもっと安く、素早く、柔軟になる

リバーベッドとSCSKが提案する「ADC as a Service」 とは?

2014年7月31日(木)

インフラのコスト最適化や運用の効率化を考える一環として、ロードバランサーを見直してはどうだろう。従来、アプライアンスが主流だったこの分野にも、仮想化の波が到来している。上手く乗りこなせば、サーバーやストレージの仮想化に次ぐ、インフラ改革を実現できる可能性がある。本稿では、このほどSCSKが国内販売を開始した「SteelCentral Services Controller for SteelApp」(以下、SSC)について紹介しよう。

アプライアンス型のロードバランサーが抱える2つの課題

 モバイル、ソーシャル、ビッグデータ、IoT。企業におけるITの活用領域は拡大を続ける一方だ。企業の情報システム担当者は、柔軟で強靭なインフラを整備しつつ、 “攻め”の投資に予算を振り向けることが求められている。

 インフラについて言えば、サーバーやストレージの最適化は一段落したと言って良いだろう。仮想化で統合し、オンデマンドでリソースを無駄なく利用できる環境を整えたという読者も多いはずだ。

 そして、次に見据えるのはネットワークの仮想化だろう。ハードウェアの軛から解き放たれたサーバーは、インフラ上を自在に動き回る。その動きに追随するためには、ネットワークも柔軟性を高める必要がある。

 今後、ネットワークのソフトウェア化が本格化することを踏まえ、読者にぜひとも見直しを提案したいのが、ロードバランサーである。 「なぜ、次の一手が、ロードバランサーなのか」と考える読者は多いだろう。

 実は、ロードバランサーの世界は、未だハードウェアアプライアンス型が多く、仮想化技術が浸透する以前のサーバーやストレージと似たような状況にあるからだ。具体的には、2つの課題を抱えている。

課題1:オーバースペックによる過剰投資

 1つめは、オーバースペックによる過剰投資の課題である。WebサービスやECサイトのアクセス負荷はさまざまな要因で大きく上下する。商品・サービスがヒットしたり、TVCMが放映されたりすると、アクセス数は急激に増える。

 かき入れ時に、アクセスを捌けないのでは話にならない。いきおい担当者はピーク時に合わせ、余裕をもたせてサイジングせざるを得ない。結果として、ピーク時以外はリソースを余らせてしまう、オーバースペックな製品を調達することになる。当然、コスト高になってしまう。

課題2:リードタイムの長さ

 もう1つは、リードタイムの課題である。ロードバランサーの導入を検討し始めた企業は、まずベンダーから検証機を借り受けることが多い。1~2カ月間かけてテストを実施し、自社の要件にフィットするか評価した後、最終的な発注に至る。実際に、ハードウェアが稼働するには、さらに数週間から数カ月かかる。今日的なサービス展開のスピード感とは乖離がある。

 こうした課題は、仮想化技術が普及する前のサーバーやストレージとどこか状況が似ていないだろうか。言い換えれば、サーバーが仮想化によってこれらの課題を解決したように、ロードバランサーの課題も解決できるかもしれないということだ。ロードバランサーは今や、最もコストがかかるネットワーク機器の1つ。メスを入れない理由はない。

関連記事

ロードバランサーも仮想化すればもっと安く、素早く、柔軟になるインフラのコスト最適化や運用の効率化を考える一環として、ロードバランサーを見直してはどうだろう。従来、アプライアンスが主流だったこの分野にも、仮想化の波が到来している。上手く乗りこなせば、サーバーやストレージの仮想化に次ぐ、インフラ改革を実現できる可能性がある。本稿では、このほどSCSKが国内販売を開始した「SteelCentral Services Controller for SteelApp」(以下、SSC)について紹介しよう。

PAGE TOP