[金谷敏尊の「ITアナリストの仕事術」]

第14回 「点と点をつなぐ」

2014年7月25日(金)金谷 敏尊(株式会社アイ・ティ・アール 取締役/プリンシパル・アナリスト)

ギターを趣味としていた筆者はかつて、作曲をしたりライブをしたりしていた。その時の経験が、実は現在のアナリストとしての仕事にもつながっていると感じる時がある。今回は、そんな話をテーマに据えてみる。

 「点と点をつなぐ(connecting the dots)」は、スタンフォード大学の卒業式スピーチで披露されたスティーブ・ジョブズの有名なエピソードのひとつだ。人生は山あり谷あり、計画通りにまっすぐに事を進めるのは容易でない。しかし、一見、無駄に思える経験でも、ひとたび真剣に学習したことは、時を経て異なる場面で生きてくることがある。

 Appleが開発したMacはデザイン性に優れ、多くのユーザーを魅了し続けている。とりわけフォントの美しさには定評がある。多彩なフォントは、1984年にリリースされた初代Macintoshから備わっており、後にWindowsにも模倣されることとなった。だが、フォントを重視するMac OSの設計思想は、ジョブズが計画的に盛り込んだ仕様ではなかった。

 設計開始後、過去に学んだ芸術的なアルファベットの書体やデザインの知識が突然蘇えってきて、その結果実装することになったのである。その知識は、ジョブズがリード大学をドロップアウトする直前、食事もままならない時代に、興味本位で潜り込んだカリグラフィーの授業で得たもので、コンピュータとは無縁のものだった。10年後にそれがビジネスに生かされることになろうとは、当時知る由もなかったという。

作曲活動と執筆活動

 過去の忘れかけていた学びや体験が、現在の仕事に生かされる。そんな「点と点がつながる」ような体験が筆者にもある。例えば、アナリスト・レポートを書く時がそうだ。駆け出しの頃、仕事を任されて半年ほどたって定期的に論文を書くようになった時、ふと既視感というか、過去に同じ作業をしていたような妙な気分に襲われた。創作するプロセスにおいてである。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】信念に沿った行動は無駄でない
  • 1
  • 2
バックナンバー
金谷敏尊の「ITアナリストの仕事術」一覧へ
関連記事

第14回 「点と点をつなぐ」ギターを趣味としていた筆者はかつて、作曲をしたりライブをしたりしていた。その時の経験が、実は現在のアナリストとしての仕事にもつながっていると感じる時がある。今回は、そんな話をテーマに据えてみる。

PAGE TOP