[市場動向]

アクセンチュア、企業のモビリティ活用に関する最新調査結果を発表

2014年7月31日(木)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

アクセンチュアは2014年7月30日、日本を含む世界13カ国の経営幹部を対象に実施した、モバイル投資に関する調査結果を発表した。各国の企業はモバイルのもたらす影響力を重視し、積極的に投資している半面、今のところそれに見合ったリターンは必ずしも得られていないことが分かった。

 調査は、インターネットで2013年12月から2014年1月に掛けて実施。世界13カ国1475人の企業経営幹部にモバイル活用の重要度や導入時の課題などを尋ねた。回答者の内訳は以下の通り。日本企業からは100人が参加している。

調査対象企業の概要図:調査対象企業の概要(出典:http://www.accenture.com/Microsites/mobility-japan/research/Pages/mobility-insights-report-2014-infographic.aspx)
拡大画像表示

 調査結果から、多くの企業がモバイルを重視していることが分かった。次年度のIT計画の中で、優先度の高い項目を尋ねたところ、アナリティクスやクラウド、ソーシャルといったテーマを押さえて、モビリティを挙げる企業がもっとも多かった。

 全体の78%、日本企業の73%が「モビリティへの投資は自社にとっての戦略投資」と回答。実際の投資意欲も高い。全体の75%、日本企業の67%が、「今後2年間でモビリティに1000万ドル以上を投資する」と回答。「500万ドル以上を投資する」割合になると、グローバルで92%、日本で90%に達する。

企業はモバイル投資に積極的図:各企業はモバイル分野の投資に積極的な姿勢を見せている(出典:同上)
拡大画像表示

 多くの企業はモバイル活用の効果に肯定的だ。効果を尋ねたところ、全体の93%、日本企業の86%が、期待通り、もしくはそれ以上のリターンを得られたと答えた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】モバイル投資からリターンを得るには何が必要?
  • 1
  • 2
関連記事

アクセンチュア、企業のモビリティ活用に関する最新調査結果を発表アクセンチュアは2014年7月30日、日本を含む世界13カ国の経営幹部を対象に実施した、モバイル投資に関する調査結果を発表した。各国の企業はモバイルのもたらす影響力を重視し、積極的に投資している半面、今のところそれに見合ったリターンは必ずしも得られていないことが分かった。

PAGE TOP