[大元隆志のウェアラブル・ビジネス活用最前線]

ウェアラブル×データ分析でメタボを防止 ドコモ・ヘルスケア「WM(わたしムーヴ)」&「ムーヴバンド」

2014年8月8日(金)大元 隆志

身体の活動量を計測するアクティビティ・トラッカー。既にナイキのFuelBandやジョウボーン・アップを街中で目にしたことがある人も少なくないだろう。今回紹介するのは、健康データの蓄積・分析プラットフォーム「WM(わたしムーヴ)」と、アクティビティトラッカー「ムーヴバンド」だ。これらを提供する「ドコモ・ヘルスケア」代表取締役社長 竹林 一氏に話を聞いた。

竹林一氏写真:ドコモ・ヘルスケアの代表取締役社長 竹林一氏

―ドコモ・ヘルスケアはどんな狙いで設立された会社なのでしょうか?

 一言で言えば、「健康」と「医療」をつなぐためです。もともと、NTTドコモは「スマートライフ」を実現する一環で、健康と医療を重要視。ITを活用したサービスを開始していました。一方、オムロン ヘルスケアも、「人々の健康な生活」に貢献すべくセンシング&コントロールをベースとした健康、医療機器を提供してきました。

 健康と医療は、本質的には密接したテーマですが、その取り組みには距離があります。まず、2つの領域はニーズが異なります。健康では、体重計や活動量計のような健康維持・増進に役立つ機器を、医療では、病気を早期に回復するための機器が求められます。また、ユーザーも違います。健康は家庭、医療は医療機関ですよね。

 2社が手を携えれば、その距離を埋められると考えたのです。NTTドコモはモバイルを軸に「繋げること」に強みを持っています。オムロンヘルスケアの持つセンシング&コントルール技術を組み合わせれば、2つを橋渡しできると考えたのです。 

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】健康アドバイスや音楽・動画ダウンロードで継続率を高める
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
大元隆志のウェアラブル・ビジネス活用最前線一覧へ
関連記事

ウェアラブル×データ分析でメタボを防止 ドコモ・ヘルスケア「WM(わたしムーヴ)」&「ムーヴバンド」身体の活動量を計測するアクティビティ・トラッカー。既にナイキのFuelBandやジョウボーン・アップを街中で目にしたことがある人も少なくないだろう。今回紹介するのは、健康データの蓄積・分析プラットフォーム「WM(わたしムーヴ)」と、アクティビティトラッカー「ムーヴバンド」だ。これらを提供する「ドコモ・ヘルスケア」代表取締役社長 竹林 一氏に話を聞いた。

PAGE TOP