[シリコンバレー最前線]

シリコンバレーにバブル再来か? カリフォルニア州の6分割案も浮上

2014年8月13日(水)山谷 正己

2014年第2四半期、米国におけるベンチャーキャピタル(Venture Capital:VC)による投資総額は138億ドルに達し、14年前のバブル期の総額を上回る。その52%はシリコンバレーとサンフランシスコの両地区に投資されており、前四半期から45%も増えた。不動産価格も高騰し、富の一極集中が起きている。そうした中、カリフォルニア州を6つに分割しようという動きも出てきた。

図1:「ブルームバーグ・シリコンバレー・インデックス」の推移図1:「ブルームバーグ・シリコンバレー・インデックス」の推移
拡大画像表示

 米国経済は2008年のリーマンショックから立ち直り、景気は上向きになってきた。株式市場も好調で、「ダウ・ジョーンズ平均」は1万7000ドルを超えている。シリコンバレーの主要13社(Apple、Google、HP、Intel、Oracleなど)の1994年12月30日の株価を100とした係数値である「ブルームバーグ・シリコンバレー・インデックス」も2014年6月以降は1000ドルを超え、最高値を更新し続けている(図1)。

 この1年に全米で250万人もの雇用が増え、失業率は6.1%にまで下がっている。農業を除く産業界の生産性は、この1年で1.4%向上した。シリコンバレーに限れば、就業人口は95万5000人、失業率は5.3%だ(図2)。

図2:米国全体とシリコンバレーの失業率図2:米国全体とシリコンバレーの失業率
拡大画像表示

 ただ、金融街は好景気で、ハイテク業界は人手不足でも、失業率はゼロにはならない。大学院まで出たものの就職できない若者も多い。技術革命の時代に求められているのは、高度な技術者であり、歴史や文学などの学問を究めても就職先は皆無に等しいからだ。

 一方で国際政治では、イランやイラク、ウクライナ、そしてイスラエルとハマスなど、火種は尽きない。米連邦準備銀行議長ジャネット・イエレン女史は、「米国経済はまだ骨太の好景気に至っていない」として慎重な姿勢を崩さず、しばらくはゼロ金利政策を続けることを表明したのである。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
シリコンバレー最前線一覧へ
関連記事

シリコンバレーにバブル再来か? カリフォルニア州の6分割案も浮上2014年第2四半期、米国におけるベンチャーキャピタル(Venture Capital:VC)による投資総額は138億ドルに達し、14年前のバブル期の総額を上回る。その52%はシリコンバレーとサンフランシスコの両地区に投資されており、前四半期から45%も増えた。不動産価格も高騰し、富の一極集中が起きている。そうした中、カリフォルニア州を6つに分割しようという動きも出てきた。

PAGE TOP