[CIOのための「IT未来予測」将来を見据え、目前のITを評価せよ]

【第10回】IoTによってビジネスを変える

2014年8月20日(水)大和 敏彦(ITi代表取締役)

クラウドや、ネットワーク、ビッグデータの動向を取り上げてきた。最近、急速に注目度が高まっている要素テクノロジーが、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)である。IoTにおいても、他の要素テクノロジー同様に、どう使いこなし、ビジネスにつなげていくかが重要である。IoTを取り巻く最新動向に触れてみたい。

 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)のテクノロジーと、そのビジネス応用を考える上で参考になる事例に、蘭フィリップスの「Lighting as a Service(LaaS)」ビジネスがある。米ワシントンDCの交通局が募集した25カ所の駐車場における照明の入れ替え案件に対する提案だ。フィリップスがLED照明と、そのインテリジェントコントロールおよび保守をサービスとして提供する。

 ワシントンDCは、この照明機器を売るのではなく「光をサービスとして提供する」とした提案を受け入れた。2014年3月からの10年契約で、フィリップスは25の駐車場にある1万3000以上ある照明器具をLEDに交換し、それらをアダプティブにコントロールしている。省エネ効果としても、68%の電力削減が予定されている。

 LaaSの事例には、IoTと、ビッグデータ応用、サービス化のすべての要素が含まれている。照明およびセンサーがIoTとして安全でセキュアに接続され、その接続を通してリモートから照明器具自身の状況および、日照時間や駐車場の明るさ、駐車場使用の有無、LEDの稼働時間、温度といった環境条件を収集。それらがビッグデータとして蓄積され、時々の条件に応じて照明のオン/オフおよび明るさをダイナミックに制御する。

 さらに蓄積した稼働時間や環境条件の情報から機器の寿命を予測し、予防保守や素早いリペア(修理)に利用する。駐車場使用の有無や環境条件といったデータは、LaaS以外の応用にもつながっていく。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】「マシンセントリック」で高まるソフトの重要性
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
CIOのための「IT未来予測」将来を見据え、目前のITを評価せよ一覧へ
関連記事

【第10回】IoTによってビジネスを変えるクラウドや、ネットワーク、ビッグデータの動向を取り上げてきた。最近、急速に注目度が高まっている要素テクノロジーが、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)である。IoTにおいても、他の要素テクノロジー同様に、どう使いこなし、ビジネスにつなげていくかが重要である。IoTを取り巻く最新動向に触れてみたい。

PAGE TOP