CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[市場動向]

バックエンドのIT化は一巡
顧客関係の独創的デザインが焦点に

経営xITの主戦場はどこか

2014年9月2日(火)川上 潤司(IT Leaders編集部)

テクノロジーの進化や世の変化に照らして考えた時、消費者や取引先と接する領域で斬新な価値を提供する“フロントエンド”が、より重要性を高めている。ITリーダーが念頭に置くべき主戦場を考える。

 多くの情報を持って取引の主導権を握り始めた顧客、グローバル規模の調達力でコスト競争を仕掛けてくる競合他社…。様々な事象への対峙に難儀する企業も少なくないが、さらにITの局面では今、大きな変革期を迎え、企業間の競争が熾烈さを増している。

 それは当然ながら、中長期展望で進路や戦い方を見極めるITリーダーに大きな課題となってのしかかる。

主戦場となる「エンゲージ」のためのシステム

 「変革期」を一言で表すなら、勝負の土俵が新しく形成されようとしていると言えるだろうか。

 IT部門がこれまで中心的に取り組んできたのは、「業務プロセスの合理化」。すでに現業部門で繰り広げられている業務を、より正確かつ効率的に進めるためにITを活用するアプローチである。財務会計や人事給与、販売管理、生産管理、営業支援といったものから始まり、SCM(サプライチェーン管理)やCRM(顧客関係管理)、ERP(企業資源計画)などに拡大、およそ考えられる範囲を塗りつぶしてきた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】ITリーダーにも活躍の場、スピード感こそが命
  • 1
  • 2
関連キーワード

デジタルビジネス

関連記事

バックエンドのIT化は一巡顧客関係の独創的デザインが焦点にテクノロジーの進化や世の変化に照らして考えた時、消費者や取引先と接する領域で斬新な価値を提供する“フロントエンド”が、より重要性を高めている。ITリーダーが念頭に置くべき主戦場を考える。

PAGE TOP