[調査・レポート]

クラウド管理製品へのニーズがさらに高まり、2ケタ成長を維持―ITRの市場調査レポートより

2014年8月19日(火)IT Leaders編集部

IT市場調査会社のアイ・ティ・アール(ITR)は2014年8月19日、システム運用管理分野とITサービス管理分野にわたる18の製品分野を対象に、国内51社のベンダーへの調査を基に市場動向・分析をまとめたレポート「ITR Market View:運用管理市場2014」を発刊し、その概要を発表した。

 ITRの調査によれば、国内の運用管理市場全体の2013年度の売上金額は約1777億円(前年度比7.2%増)に達し、2014年度は前年度比6.6%増の伸びが予測されている。

 ニーズの高まりが如実に現れたのが、仮想化構築製品およびクラウド管理製品の市場動向だ。両市場は前年度に引き続き2013年度も2ケタ増の伸びを維持しながら成長を遂げている。とりわけ注目度が高まっているのがクラウド管理製品で、2013年度の国内売上金額は約140億円(前年度比16.8%増)と大きな伸びを示している。

国内クラウド管理製品市場の規模推移および予測(出典:ITR Market View:運用管理市場2014レポート)

 クラウド管理製品のITRによる定義は、仮想環境あるいは大規模物理サーバによるクラウド/グリッド・コンピューティングの運用を行う管理ツールで、近年の製品にはプロビジョニング、自動構成管理、RBA(ランブック・オートメーション)などが備わっている。「仮想化/クラウド技術を介在することによって増大傾向にある運用負荷を軽減させる目的で、クラウド管理製品の採用が急速に進んでいる」(ITR)

 ITRは、「プライベートクラウドとパブリッククラウドの連携や基幹系システムのクラウド基盤への適用が徐々に進みつつあり、ハイブリッドクラウド環境の一元管理へのニーズの高まりが市場の伸びを牽引している」とます。2014年度は、売上金額約160億円、前年度比14.3%増と引き続き堅調な伸びを見込ん分析。同レポートでは、2013年度から2018年度までのクラウド管理市場の年平均成長率(CAGR)は、運用管理市場の18分野の中で最も高い12.7%を予測している。

 製品分野別に見れば、SaaS型運用管理市場の2013年度の売上金額が7億円(前年度比32.1%増)と大幅な伸びを見せているほか、IT資産管理、構成/変更管理、PC資産管理の各製品市場は2ケタ増の成長となっている。ITRでは、2014年4月のWindows XPのサポート終了によるPCの買い替えが進んだ影響も、運用管理製品へのニーズの高まりを後押ししているという。

 ITR Market View:運用管理市場2014レポートの完全版は同日からITRのWebサイトで販売開始されている。

関連キーワード

ITR / 運用管理

関連記事

クラウド管理製品へのニーズがさらに高まり、2ケタ成長を維持―ITRの市場調査レポートよりIT市場調査会社のアイ・ティ・アール(ITR)は2014年8月19日、システム運用管理分野とITサービス管理分野にわたる18の製品分野を対象に、国内51社のベンダーへの調査を基に市場動向・分析をまとめたレポート「ITR Market View:運用管理市場2014」を発刊し、その概要を発表した。

PAGE TOP