[河原潤のITストリーム]

問われる先進テクノロジーへの戦略―2014年版ガートナー・ハイプサイクルの見方:第46回

2014年8月22日(金)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

米ガートナーが、恒例の先進テクノロジー・ハイプサイクル(Emerging Technologies Hype Cycle)」の最新版となる2014年版レポートを発表しました。ハイプカーブにマッピングされた数々の先進テクノロジーに対して、CIOやITリーダーはどのようなスタンスをとるべきなのでしょうか。

20年目を迎えた恒例の先進テクノロジートレンド指標

 先進テクノロジー・ハイプサイクルは、近年に登場した新しいテクノロジーがそれぞれどのような成熟度に到達しているのかと、企業が導入・活用で得られるビジネス上のメリットについて評価し、ハイプカーブと呼ばれる曲線上にマッピングした技術トレンド指標です。

 過去の年度も取り上げていますが(例えば、2010年度2013年度)、ガートナーがハイプサイクル・レポートを開始してから今年で20年目だそうです。そんな節目となる2014年版で同社は、先進テクノロジー・ハイプサイクルを含む119の分野別ハイプサイクルを作成し、2000種類を超えるテクノロジーへの評価を行っています。

 先進テクノロジー・ハイプサイクルで毎年目を引くのが、グラフの左端の「テクノロジーの黎明期(Technology Trigger)」にマッピングされた、今がまさに伸び盛りの先進テクノロジー群です。2014年版のレポートでは、スマート・ワークプレイスやホームネットワーキング(Connected Home)、ソフトウェア定義系(Software-Defined Anywhere)、スマートロボット、自律走行車(Autonomous Vehicles)、ニューロビジネス、容積可視化/ホログラフィック・ディスプレイなどがこのフェーズにひしめいています。

 また、「過度な期待のピーク期(Peak of Inflated Expectations)」の頂点には、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)が位置し、2013年度は頂点付近にマッピングされていたビッグデータは、メガトレンドが必ずさしかかる「Through of Disillusionment(幻滅期)」に向かって、ただいまハイプカーブを急下降中といったところです。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】デジタルビジネスへのロードマップと6つのフェーズ
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
河原潤のITストリーム一覧へ
関連キーワード

Gartner / ハイプサイクル / IoT / ロボット / デジタルビジネス

関連記事

問われる先進テクノロジーへの戦略―2014年版ガートナー・ハイプサイクルの見方:第46回米ガートナーが、恒例の先進テクノロジー・ハイプサイクル(Emerging Technologies Hype Cycle)」の最新版となる2014年版レポートを発表しました。ハイプカーブにマッピングされた数々の先進テクノロジーに対して、CIOやITリーダーはどのようなスタンスをとるべきなのでしょうか。

PAGE TOP